読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンモックベッド!

つぅ〜な話 西原式育児の実践と検証-201010051924000.jpg

「赤ちゃんは呼吸がヘタ」

これ、「遅い離乳食」に負けるとも劣らない、大事なポイントだと思います。

西原医師の本に、
「羊水から陸へ上陸したての赤ちゃんは、とても呼吸がヘタです。
だから吸わせて揺らして、呼吸ができるよう助けてやるのです。
おしゃぶりをさせて揺りかごでゆすれば、呼吸困難になることは絶対ありません。」
といった感じのことが書いてあったと思います。

そうか、赤ちゃんが泣いて、抱っこして揺らすのは、そういうことだったのね!

というわけで、出産前に、籐の揺りかごを買って準備しておいたのですが、
いざ使ってみると、

揺りかごって、揺れねえむかっ

うちの息子はよく寝る方だと思いますが、
最初からよく寝る子だったわけではありません。
生後1週間くらいで、「寝ない子」片鱗がムクムク出てきたのですが、
すばやく察知したうちのダンナが、
ネットでこれを買ってきました。

これ、どっかのおっさんが、カ○ンズホームあたりで材料集めて作りましたみたいなビミョーな外観なんですが、
なかなかスグレモノなんですよきらきら

縦揺れするベッドなんです!
(そう、赤ちゃんは縦揺れ!)

赤ちゃんがわけもなく泣いて、
お母さんが一生懸命抱っこして揺らしてようやく寝てくれて、
さあお布団に降ろしたら…
大号泣で振り出しに戻るガクリ
なんて経験、すべてのママにあると思うのですが、
そんな時、このベッドに乗せてすばやく縦に揺すると…、
その睡眠が継続されるんです!!
ちょっと起きそうになっても、急いで駆け寄って揺すれば、
またスーッと寝てくれる。
どれだけ助かったかキャハハ

赤ちゃんが泣くのは、呼吸がうまくできないからなんですね。
泣いて呼吸をしようと一生懸命なんです。
それを揺らして助けてあげれば、赤ちゃんはよく寝てくれるんです。
酸欠じゃあ、かわいそうだよねうああん
まさに寝る子は育つ、
揺すってあげれば、
酸素が行き渡って、
体も頭も健康に育ってくれるんでしょうね。

ただしこのベッド、
途中から使っても、怖がって泣くみたいです汗
(お友達で確認済み…)
使うなら、新生児からがオススメです。

おかげさまで、うちの息子は大変よく寝てくれる子になりました。
1歳の今でも、一日の3分の2くらい寝てますグッド!

月齢の上がった今はこのベッドも地上に降り、
息子のハウスになってます。
近い将来はおもちゃ箱になるそうな。

ハンモックベッドのサイト