読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やればわかるコウケントー

つぅ〜な話 西原式育児の実践と検証
↑これがコウケントーです。昼間の撮影ですが、あまりにも明るいので部屋が暗く見えるう。


色々あって、ちょっと今、ワタシ的にコウケントー強化月間。

前にも触れましたが、人工太陽光線「コウケントー」は、我が家の究極の秘密兵器です。
これがなかったら、うちの愛鳥・梅蔵ちゃんはとっくの昔に虹の橋を飛び越えているのだ。
鳥に日光浴、昔の人は良く知っていたなあ。

「なんじゃいな、それ?」というヒトのために。
「コウケントー」は昔ながらの治療器具なのですが、カーボン棒に電流を通してアークさせ、人工的に太陽光線に近い光を出して人体に照射、様々な病気を治癒させる、というもの。
「見た目さえ治ればいい」対処療法の蔓延した現代ではすっかり忘れ去られているのですが、意外にイナカのおばあちゃん家の押入れに眠っていたりする。
西原研究所に行くと、コレを足の裏に照射されます。
そんなクリニック、本当に世界でココだけだよ…。

めっちゃくちゃミテクレが怪しいのですが(なんとかならんかこの宇宙服みたいな外観むかっそれでなくてもウチのちょぼいインテリアが最悪ですがな〜汗)、西洋医学的にも東洋医学的にもものすごく理にかなった治療器具なんですよ。
生物の生命活動の最小単位は、大昔に細胞内に寄生したバクテリアの一種、ミトコンドリア
こいつが、太陽光線を浴びるとものすごく活動が励化される、という特徴を持つのです。
足の裏は、ご存知東洋医学的にも全身のツボが集中しているところ。
この足の裏のミトコンドリアを総決起させるのです!
すごいわあ〜。

実は久しく自分が当たっておりませんで、最近体力が下がってきたかなあと感じ、夜もあんまり眠れないし(細切れ睡眠歴2年ですからパー)、先日おっぱいがガチ詰まりしたのもキッカケとなって、ここんとこ毎日照射するよう努力しております。
なんで遠のいていたかというと、
1、めんどう〜。
2、毎日30分梅蔵ちゃんを照射しているので、自分はなんかお腹いっぱいだった。
3、リアルに火が出るので、子供の前では危なくてできず、寝静まってからコソコソやると、5割の確率で起きやがるむかっ

やっぱ、いいですよ〜!
どういいか、というと、すんごく良く眠れるの!
はあDASH!、と布団に入って、1秒で朝目ですよ!コレ、大げさじゃないからパー
授乳で起こされてもすぐ寝入られるし、目覚めもすごくスッキリ♪
でもね、やり始めると、睡眠が「足りる」ようになるまで、昼夜問わず泥のように眠いんだけど…。
一番気持ちいいのは、夜照射しながら眠ること。ゆえに我が家では寝室においてある。(そして途中で起こされると気持ちよく寝てる分心底ムカつくむかっ
質の良い睡眠、って免疫力(=体力)アップの重要なファクターですよね。
足の裏もずーっとほかほか。
私の場合は、3日も続けると、足の裏がジビジビする感じがする。
コウケントーは暖める、が主目的ではないです。光に当たってミトコンドリアが活発になるから結果温かくなる、というだけで。暖かくするんだったら、遠赤外線コタツに入っていればいいんですから。
そして足裏の皮膚がツルツルになるので、階段から滑って落ちそうになるあせる
顔に当てたらお肌ツルツルだろうなーとは思うんですが、実行する時間がない〜。
そして私の場合、3日もやると無意識に体が動くようになって、無駄に掃除とかしちゃうんだこれが。
最近、太ももが太くなって下っ腹が出てくるという中年太り的な体のラインに成り下がってたのですが、コレもスッキリしてきました。
中年太りって、やっぱ「流れ」の滞りなんでしょうねー。
東洋医学的にも、「脾」の弱い人は歳をとってからこういう体型になりやすいそうですし。(←予言されたガクリ

コウケントーを取り扱っている黒田研究所では、お腹とか胸とか悪いところに照射したりするんですけど、私的には経験上、それはあんまり意味がないように思います。
やっぱ足の裏というツボに当ててこそ最大限の効果を発揮するんじゃないかな。
胴体にはむやみに当てるとかえって疲弊する場所もありそうに思うし。(人工的とはいえ直射日光ですからねー)
外傷は別ですよ。
怪我に照射すると、ものすごい速さで治癒します!!
本当にミトコンドリアさんがせっせと働いているんだなあと実感します。

ご家庭でお気軽に健康維持、お値段10万円とちょっと。
消耗品のカーボンと、将来電気がなくなるような事態が来なければ、半永久的に使えます。
届かない金額じゃないし、無駄に人間ドッグに何度も入るくらいなら、よっぱど前向きで予防効果があります。
何かひとつオススメは?と聞かれたら、迷わず「コウケントー」ですねグッド!

余談ですが、人間ドッグもちょっとだけアンチな私。
否定はしませんが、発ガンリスクという安心料が果たして妥当なのかどうなのか。
ソコに着くまでに、いくらもやれることはありますよ。
CTやらMRやらは、緊急時の最終手段なはず。
今のように国を挙げて乱発することが果たして必要?
受ける側にも、半分税金が出してくれるおトク感を煽っているようですが、それ自分の税金を特定の誰かさんに垂れ流しているだけですし。
人間ドッグさえ受けていればまるで病気が治るくらいの錯覚を持っている人がたくさんいるのが気に入らない。
ウチのダンナ、ドッグの眼底検査で目を悪くしましたよ?
ダンナ高校生で特定疾患を発病した時、近所の町医者で、「見えない、見えない」って、放射線40分も浴びたそうです。ありえねえ〜、福島原発もビックリだよむかっ
脳みその細輪切りとかね、そうまでして、誰が何を何の目的で「見る」の?
そんなことより早期離乳食をやめさせたり、冷たいものをむやみに摂らない等節制のある生活を心がけるほうがよっぽど一生健康で税金もかからないのに、まあ、それじゃ、誰も儲からないからねーパー
賢くならなくては。


光線療法ひだまり