読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の常識、世間の常識

つぅ〜な話 西原式育児の実践と検証
を感じた一週間でした。
いや、悪い意味ではなく、ですけど。

孫見たさ、孫見せたさ、プラス私の体調が優れなかったのもあって、お姑さんが犬連れで1週間我が家に滞在しました。

ばあば大好き、わんこはもっと大好き!な息子にとっては、パラダイス週間到来。
若干犬が災難な面も無きにしも非ずパー、ですが、ほぼ兄弟のように追いかけあって、くっつき合っておりました。
実際、犬と子供って相性抜群ですなー。
「子供が産まれたら犬を飼え」、あれ、本当ですね、ゴルゴ13様056
ハイハイを充分しなさい、と西原医師もおっしゃってましたが、例の震災時疎開したダンナ実家先で、この犬を追いかけまわしてたうちの息子は超絶ハイハイが速くなり、充分過ぎるハイハイの結果、うちの息子の運動能力が鍛えられたんだと思うです。
遊んでくれるし、面倒みてくれるし、やりすぎたら教育的指導はいれてくれるし、ありがたや〜きらきら
(犬がガマンしている写真でしょう〜。このあと、きっちり仕返しされんのよ、コイツいー

来てくださるのはありがたいんだけど、最初は躊躇してたんです。
まだまだおっぱいガン飲みだし、ご飯だってそんなに(というかほとんど)食べられないし…。
お菓子とか冷たいモノとか、無体なもの食べさせられちゃったらどうしよう!?叫びって。(体調悪いから余計にウツで…)
彼女が現役だったのは、魔の昭和40年代、私の子育てとは真逆の方法が最新な時代でしたもんね。
ですが、彼女の良いところは、目の前の事実を公正に評価する力を持っていること。
なので、1週間一緒に過ごして、ちゃんとうちの息子が正常に育っている、ということを納得し、私の子育てを理解してくれたのです。
必要なハードルを越えることができて一安心でした☆
息子、よくやった!…、とここは素直に褒めてやろう、笑。
(あとは実母だな〜、ほとんどボーダーな人なので、何を言っても通じない人で…泣)

育児って、やったことがそのまま素直に結果として出る分野のひとつだと思います。
毎日が実践と実証の日々で、不安や疑問が確信に変わっていくのがわかります。
ここまで大変といえば大変だったけど、そういう面では楽しかったな。
私も以前は、一般的な常識を常識としていた人間でした。
そのうち、今まで常識と思っていたことは私の中で非常識になり、それが当たり前になってきて、以前の自分すら忘れてしまうんです。
そして、久しぶりに「世間の常識」なるものに遭遇すると、結構驚愕するわけで。
ああでも、以前は私もそう思っていたかなあ、と、振り返る。
子育て中って、どうしても世間と距離を置きがちですからね。
ある意味、人生の中で神様が与えてくれた特殊な時間。
それが悪い面で出ることもあれば、今までの自分と違う目を持つチャンスに繋がることもあると思う。

この3年の育児を通して、私がちっとは進歩したんじゃないかと思うことは、言われていることを鵜呑みにせず、本当にそうなの?と考えるようになった、ということだと思います。
私も受験世代なので、本来の思考はマニュアル的。
「スイカはすごく腎臓に良いんだ」とどこかのエライエライ博士に言われれば、以前の私ならそうなんだ!って丸喰いしてました。
でも今は、待てよ?カリウム摂ればいいってもんでもなくない?そもそもスイカは体を冷やすでしょう?と考えることができる。
結果、スイカを売りたい業者の思うツボにハマらずに済む、なんてねw
実際、今の商品の売り方は、大半はこのマニュアル思考を逆手に取った戦略ばかりなのが、あふれかえるテレビショッピングを観ると納得するわけですな。
かといって、マニアックに情報を調べ上げればいい、ってもんでもないし。
情報が溢れているネット現代、得ようとすればナンボでも出てくる知識の中で、あれもこれもやり始めたらキリがなくなるでしょ。
そのうち家中グッズで溢れ、首が回らなくなって、目の前の子供が置き去りになったりしてね。
木ばっかり見て森が見えなくなっちゃうのね。
それもマニュアル思考のひとつだから、分かっていてもハマっちゃいそうになる自分が分かる。
バランスを取るのが難しいですねえ。
そこでうちには「ダンナ」という、冷静なご意見がいるわけですが。
(上げとけ、上げとけ↑

私は結構ブログでは毒吐きまくりですが、実生活ではそんなでもない、つもりっす、笑。
人に積極的に勧めるなんてことはまず、しない。
なんやかや外野に言われても、その場では「そうですね〜」と笑う。そしてブログで毒づくヤなオンナ。
接客業だったのでねえ、表面合わせるのはもう、脊髄反射の域というか☆
それでも最近は、息子も3歳を迎えて、何となく私的にエビデンスも揃ったように思うし、なんといってもお姑さんも納得してくれたので、もうちょっと人に言ってもいいのかな、なんて思ってたりして。
え?もう充分?失礼しましたー走る人

というわけで、息子3歳、またひとつ課題を消化できたかな。
今、西原育児に頑張ってて、外圧が辛いと感じている方、3歳くらいで報われるハズですので、頑張ってください☆
私も通った同じ道、心から応援してますグー

しかし、3歳になってもどこでもおっぱいなうちの息子、そりゃあ目立ちますよムムム
私も丸3年授乳服だしさ。
冷やしちゃいけないと思うから、ヒラヒラスカートとか履けないし、ミュールもとんとお預けだし。(本来ROSE BUDとか大好きなのに〜)
いくらナマ乳首おしゃぶり代わりだといはいえ、3年、いい加減授乳服にGパンは飽きたよ、あたしゃううっ...
「この子、これだけはアカンねえ、全く恥ずかしいなんて思ってないじゃん!」
と、お姑さん。
はい、私もそう思いまーっすパーパー