長男9歳!!

うっかりすると、誕生日ネタの連投でブログが終始してしまうマイペースのおしげでございます、おはこんばんちは、みなさまにおかれましては健康でハッピーな毎日を過ごされておりますでしょうか~。

 

f:id:umetsubasa:20190615084012j:plain

f:id:umetsubasa:20190615084049j:plain

毎年自動的に作っている、その歳の形の誕生日ケーキ。

こりゃあラクでいいやと何気に続けてきてとうとう「9」まできたわけですが。

気づいた。

来年から2ケタじゃん!!

どどどどうすんの?!鉄板2枚焼くのかこれ?!

動揺してたらお友達に、

「次男君用のパウンドケーキを10の位にしてしまえばいいのでは」

と目からウロコのアドバイスを頂くw

f:id:umetsubasa:20190615124905j:plain

そうなんです、次男はまだ生クリーム的なものは解禁していないので、次男用にパウンドケーキを別口で焼いているのです〜

彼の大好きなナッツ類やドライフルーツを入れて混ぜて焼くだけなんで、簡単だから良いんですけどね?、イマイチ特別感が薄れるというか、片っぽなんでもないのにアタシの労力2倍じゃんローソクが乗ってるか乗ってないかの違いじゃねえのかとか、脳内文句小一時間。

次男はパウンドケーキは大好きですが、お兄ちゃんが違うものを食べてても、アレが欲しい!ってならない子なので本当助かります(^^;

我慢させるのでなく、本人が大好きな代替え品や代替えの楽しいこと(遊びやおもちゃ)を用意することに手を抜かないのが、異年齢をうまくさばくコツかなと。

私だって面倒だよ毎回毎回ケーキ2種類焼くとか( ゚д゚)

でも後のこと想像するともっと面倒なのが目に見えてるから、頑張る(~_~;)

 

子どもたちも年齢が進むと、だんだんと手が離れてきて、本当にラクになってきたなあと実感してます。

思うに、1人の子どもにかける最低時間って同じなんじゃねえの?と。

ダラダラ長々かかわるのか、キュッと集中的に関わってさっさと自立してくれるか。

小さい頃に中途半端に子育てをアウトソーシングして一時的にはラクになったように思えても、子どもが求めてるのは結局母なので、その分手が離れるのに時間がかかる。

対して長期授乳は3年ほどベッタリですが、離れた後は面倒が少なく感じます。

こっちもやり切った感があるので、後腐れがないw

どちらかというと私が、毎日子どもらの顔にベタベタチューチュー吸い付いてるw、その辺は親の権利というより嗜好品かしらねww

余分な毛が生えるまでの、今だけの嗜好品〜

おかげさまで子育てで悩むことはほぼないので、毎日全力で好きなことをやらせて頂いております♡感謝♡

 

私が、中国医学医師の国際免許を目指して勉強を始めて、そろそろ3年ほどになります。

難しいんだよ、弁証論治がよ(~_~;)

でも、すごく面白いです。

私が中国医学に興味を持ち始めたのは、長男1歳半の頃。生理が再開しておっぱいの量が減り、西原式育児の完遂が危ぶまれたころに偶然出会いました。(まあ世の中偶然はないと言いますがね)

それまでおっぱいトラブルで平均3日に1回ほど助産院に通い、カルテが電話帳のようと要らん伝説を打ち立てていた私ですが、おっぱいの詰まりをマッサージで物理的に取るというよりは全身の気血を流すことで、私の不具合は劇的に改善し、無事母乳育児を継続することができました。

 

私にとって中医学は、西原式医学と少しも矛盾するものではありません。

むしろ、西原式育児を完遂するために必要なものが中医学だ、という位置付けです。

だからこそ、この古くて新しい医学に真実を感じ、学んでみたいという意欲に駆られました。

 

そこに、私独特の、私にしか思いつかないであろうニッチな領域があります。

 

例えばミルク。

西原式育児では、ミルク育児を大推奨しています。

ミルクを否定する育児は自然派育児では普通にありますが、西原式育児ではむしろ腐った母乳よりはミルクの方がよっぽどマシ、と結論づけます。(そこ時々誤解している人がいるのよね、西原は母乳だけで3歳まで育てろなんて誰も一言も言ってませんよー!ちゃんと読んでー!!)

しかし中医学では、その「腐った母乳」をなんとかする術があります。

産後の母の体力を上げてやりながら、ミルク育児の中でも無理なく母乳を併用するところまで持っていくことも(人によっては)できます。

そして、離乳食の開始時期を無理なく延ばす方法として、「ミルクキューブを齧らせる」という邪道を思いついた私ですがw、今ではかえってキューブで良かったと思っています。

母乳とミルクは似て否なるもの。

母乳は液体ですが、その水分は「母親の気血そのもの」で、ただの水では決してありません。

気血そのものだからこそ子のエネルギーとなり得るのであり、母乳の「水分」は子どもの消化の負担には決してなりません。

しかし、ミルクの水分はただの水なので、内臓(特に腎膀胱)がまだ未発達な子どもには、大量の水分は消化に負担です。(いわゆるミルクデブってやつですね)

だから、水分のない「ミルク成分」を母乳や通常のミルクの補填として食べさせるのは、腎に負担のかからない最善の方法だったんじゃないかなと。

 

例えば、冷え。

西原式医学では、冷えることは絶対に絶対にNG行為です。

身体を冷やすような行為はもちろん、冷たいものを食べることも飲むことも違法ですw

 

さて皆さん。

6月に入り、世間はプール開きのシーズンですね( ̄∇ ̄)

幼稚園や保育園、こども園や支援センターまで、日本はどこでも子どもを水に浸けたがります。

それでなくても「湿」が溜まる梅雨のシーズン、脾に負担がかかるというのに、途端に汗疹や湿疹や、下手すると発熱に悩んでいませんか?

次男の園でも、6月に入った早々にプール開き、大して気温も上がってないのに子どもたちは大喜びで水に飛び込みました(T ^ T)

確かに子どもは水が好きですがねー、自然派はこういうところがね……

 

案の定、次男様、

「背中がかゆい!!」

と泣き出した次の日の朝。

うわーーー!出たーーー!

やっぱ膀胱経に入ったじゃん!!( ;∀;)(背中には背骨に沿って、冷えが一番入る膀胱の経絡が貫いています)

本人に聞いたら、

「プールも冷たいけど、その前のシャワーがびっくりするほど冷たいんだよ!」と!

なんだと、この寒空に冷水シャワー浴びせてんのかー!年寄りの冷や水じゃないんだからさ大人は自分だって冷たいシャワーは浴びんだろーが?!!(体力的には年寄りも幼児も似たようなものです)

ちょっとしたパニックに陥り、連絡帳やプールカードに「冷水シャワーはかけないでください!」と書きまくる私w

f:id:umetsubasa:20190615125831j:plain

↑何書いてあるかわからないテンパりっぷりのプールカードw

「せっかく(小麦)アレルギーが収まったものが、再発する恐れがあります!」

と、話を盛りまくる盛りまくるww

いやその、小麦アレルギーは偽装ですけどね…小麦アレルギーになる前の予防ということで…

 

……で、冷静になってみたら。

「……あ、そうか。衛気を養えばいいのか(°_°)」

と、思いつく。

 

衛気とはなんぞや?

人間の身体の外には、バリアのように身体を守る気の層があります。

これがしっかり厚いと、外邪(ウイルスや寒さや気候の変化)に強くなります。

f:id:umetsubasa:20190615084605j:plain

私は度々紹介していますが、柔らかいタワシで身体をこすると、この衛気を養うのに効果絶大なのです。

 

 サトオさん

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E4%BA%80%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%9F%E3%82%8F%E3%81%97+%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%AA%E3%81%95%E3%82%93&adgrpid=52045089583&gclid=Cj0KCQjwi43oBRDBARIsAExSRQFbJlTyN2d0e6lMOAYlDwTbjNLjdl6KiWSo02EEe7DhwDCwT5AdrG0aAt6VEALw_wcB&hvadid=338529792183&hvdev=c&hvlocphy=1009285&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=b&hvrand=5169585052851925107&hvtargid=kwd-354775097250&hydadcr=14088_10900226&jp-ad-ap=0&tag=googhydr-22&ref=pd_sl_9pwqylzbvo_b

 

私もサトオさんに働いてもらうのは、寒邪のシーズンの冬ばかりと思っていましたが、そうか、微妙なシーズンのプールや夏場のエアコン対策にも使えるよね!?と思い立ち、早速サトオさんで子どもらの身体をゴシゴシやっております。

今のとこは雨ばかりでその後のプールの機会がなく、うちの息子への効果のほどはまだわかりませんが、サロンにきたお客さんのお嬢さんが汗疹が酷いということで勧めたところ、一度でほぼ汗疹が引き、体温も上がったそうです!

やっぱサトオさんいいオトコ!仕事できるわーーー(//∇//)

 

ここまで子どもを冷やさないように冷やさないように育ててきて、一度のプールで汗疹大発生でガッカリ感半端なく、それでも子どもは水が大好きでお友達と楽しそうに入ってる姿を見ると、自分の子だけ我慢させるのは西原先生に怒られたとしても忍びない。

そんな時!「どうして冷やすのはダメなのか」「どうして冷やすと皮膚が痒くなるのか」を知っていると、健康も楽しさもどちらもあきらめることなく、子どもに我慢を強いることもないこのような折衷案が、ふっと思いつくわけですよ〜

 

例えば、靴下。

西原式育児では、靴下を脱ぐことも厳禁です。

f:id:umetsubasa:20190614231705j:plain

↑こんな時でも靴下は脱がない次男w

 

世間では相変わらず裸足育児が全盛で、支援センターやら保育園やら、靴下を履いていると猛タックルで即脱がされるとか。

なんでも赤ちゃんは足の裏で温度を調整しているそうで、赤ちゃんの足は冷たいほど良いのだとかw

 これ良く聞くけど、誰が言い出したんだろうね??

むしろ、

「足の裏から体温調節はどうやってしてるんですか?」
って聞いてみたら、100%誰も答えられないでしょうね。
確かに足裏の湧泉というツボからは熱は吹き出すんですが、それは内熱(=内臓の熱)が高いからで、だから裸足にしたらいいかというと、余計に内熱を上げてしまうんですよ。
中医学的に陰虚という体質の人(体が冷えて血や気が足りない状態)は手足裏だけがむくんだように熱くて、タイルとか乗ったり触ったりしたがるんですが、それと全く同じ状態。

そういう人や子どもは、靴下を履けといっても足の裏が熱くて履けないのです。
つまり体温調節論が腑に落ちる支援センター員は、ご自分も陰虚なんでしょうな。

ちなみに陰虚という状態は、内臓の力が弱っている状態なので、「赤ちゃんの足は冷たいほど」不健康に育ちます。

つまり、ぐずり、泣き、イヤイヤ、多動、それら育てにくさの全てです。

そしてそれは、一生の健康に影響します。

まさに西原先生の言う、

「赤ちゃんを冷たく育ててはいけません」

は、中医学的に証明されるのです。

中医学では、冷えは腎に入るといい、腎は全ての臓器の中でも最終の臓器です。

腎が悪くなれば心(臓)が止まります。

逆に、腎を上げてあげれば、全ての臓器は上がっていきます。

まさに、

「冷えは万病の元」。

身体さえ温めれば細胞のミトコンドリアが活発になって全ての病気は治る、と主張する西原医学と全く同じです。

赤ちゃんを冷たく育てるなんて、「愚の骨頂」であり、赤ちゃんを健康に育てるには温かくすることが全てに優先するのです。

 

逆に、西原先生がこうおっしゃっているのに、

「うちの子靴下を履いてくれないの」

と自分や子どもにバツをしたり、無理やり履かせようと抑圧したりする前に、こういう身体の仕組みを知っていれば、靴下を履いてくれるためにはどうしたら良いか?という視点から考えることができます。

つまり、中医学を知ることにより、無理なく西原式育児を実践する方法を考えることができると思ってます。

 

こんなことを言われている人もいました。

靴下を履いていると「内反小趾」になるからやめなさいと。

今、子どもの内反小趾が激増しているのだそうです。

はい、ではお聞きしたいです。
その、激増している内反小趾の子どもたちは皆、靴下を履いているのですか?
いないですね?
むしろね、足の小指は腎膀胱経絡の場所で、そこが内側に歪んでいるということは、腎膀胱が悪いということ。
つまり、冷えているんですよ。
やっぱりなんだかんだで、原因は冷え。
冷えている子どもの内反小趾を治そうと靴下を脱がせることが、どれほど愚かかわかりますね?

あのね、足は、チョコレートの型じゃないんだから、靴やら靴下でなんとかするとかいうものじゃないんです。

靴に高いお金払わなくても、しっかり温めて死ぬほどハイハイさせれば、足の形対策はそれでオッケーなのです。
内臓の状態は全て足に出るから、結局健康に育てることが、足の形を良くすることで、決してチョコレートを型に流し込むことではないんです。
そういうのを対症療法って言うんだわ。
そりゃね、極端に合わないとか小さいとか、そういうのは変形しますよ、それは論外でしょ。

 

西原先生は、赤ちゃんを温めなさい、ハイハイをしっかりさせなさい、と口を酸っぱくしておっしゃいます。
体幹鍛える=内臓も丈夫になる=足の形もキレイになる。
子育てにショートカットコースはなく、生物の進化の過程をきちんと踏むことが、健康で丈夫な身体に育てるコツなのだと、先生はおっしゃっているのですよ。

 

このように、生物の進化にちゃんと沿っていて、我が子の「フラット」な状態を知っていれば、この時期に湿疹が出てきて急に靴下やスパッツを脱ぎたがり、グズグズし出し急に抱っこ魔になり明らかに様子がおかしくなっても、それは「外的な要因から来ている」ということがわかるので、自分の「子育ての失敗」だなんて思わなくて済むのです。

そんな報告がFBに上がってきたりすると、「うちも」「うちも」「うちもだー」と、「季節的なもの」の裏付けが取れたりして面白いです。

だいたい日本人皆「脾虚(脾臓が弱い)」と言いますが、この梅雨のある気候も大きく関係しているでしょうね。

湿(気)に弱いのが、脾ですから。

そんな日本人に、生魚や生野菜など薬膳的に脾を痛めると言われている食材は、どんなにマクロに栄養素が〜酵素が〜言ってても、厳禁ですよね。

ほら、「生は食べてはいけない」と言われる西原先生と、ここでも合致する。

週末にやっすい回転寿司に家族連れの行列ができていると、心が痛くなりますな。せめて子どもには生魚食わせんのやめようよ……

 

ちなみに、子どもで湿系の湿疹が出たら、食べ物を離乳食初期くらいに戻してやると、スッと引くことがとても多いですよ。

ミルクとかおかゆとかミルク粥とか。

脾に負担がかかっているということは、消化能力を超えているということです。

だから誰でも消化できるような、ミルクとかミルク粥にしてやると、未消化毒を皮膚から出さなくてウンコとしてお尻から出せるので、湿疹が引くのです。

ここでもやっぱり、西原式育児の正確さが光ります。

 

長男を産む随分前から西原式医学に出会って、今長男9歳。

私の中での情報の蓄積とプロファイルは、ここまできました。

確かに私は何の資格もないただのおばさんですが(がんばってるけどね、弁証論治が…←まだ言ってる)、私にしか見えない思いつかない領域もあります。

日々勉強と実践を重ね、まず私と私の周りを幸せにしていきたいな、と思ってます。

まず自分、刺身の誘惑に勝とうか(つД`)

こないだやっちゃったのよね、梅雨だってのに朝獲れカツオ大セールにハマってカツオ一冊食い…めっちゃ消化止まって眼底出血まで行った…( ;∀;)土克木(脾が肝を克する)…ああ誘惑が……たまにこういうわけわかんないことすんのよね私……

 

そうそう、次男のプール問題その後。

担任の先生との個人面談に持ち込み、理解して頂きましたー。

「わかるよ、小麦アレルギーの子って走ると湿疹出たりするじゃない」

まあその仕組みは置いといて。

ホースに溜まってる温かい一番シャワーをなるべく使うとか、足だけにするとか、風の強い日は寒いので気温が高くても園でもプールは考慮するとか、「子どもにとって何が一番良いのか」を一生懸命考えてくださってました。

有り難い〜(T ^ T)

この勢いで園長に、子どもの長袖服装について突撃する算段をつけてますが、何せ園長は回遊魚なんで(止まると死ぬ)、捕まらなくて捕まらなくて実現してない…

でもやっぱり、プールに入れないと我慢しているのは可哀想、と言われると、親としては揺らぐなーーーー頼むわサトオさん!!

 

もう一人息子がいますが。

長男の個人面談は、1人持ち時間30分のところ1時間半もぶっちぎりで担任と盛り上がり、副校長先生が「働き過ぎ改革〜」とたしなめに来られましたw

こちらも寒い日のプール問題とか、エアコンはなるべく入れて欲しくないとか、給食はゆっくり噛んで食べさせてほしいとか、うちの息子には無理難題ふっかけろとか、さらには先生自身の健康や最近アキレス腱をぶっち切りした他の先生の食生活占いまで、まー言いたいこと言う言うw

 

人生、願えば叶う♡

 

 

 

 

 

次男5歳!~5年前は私も産道を使ってましたw~

こんにちはです。

バタバタとしていたら、うっかり子どもたちが小学3年生と年中さんになってしまい。

さらにうっかりしていたら、次男が5歳の誕生日を迎えてしまいました。

f:id:umetsubasa:20190504002056j:plain

米粉と、レーズンとカシューナッツをテキトーにぶっこんだ誕生日パウンドケーキ。

に、次男チョイスのデカデカろうそくをこれでもかとぶっ刺すw

こんなテキトーでも、喜んで半分以上ペロリと食べてくれます。

食べてくれる子って神だ(´;ω;`)

長男だったら絶対食べてくれない。なんなら今でもあまりフォークが進まない。

なんなら遠足や運動会など長男の弁当を作る機会があると、次男の何倍もキンチョーします…要求の多い長男と、何詰めてもキレイに完食してくる次男の違いだ。

f:id:umetsubasa:20190504004300j:plain

誕生日プレゼントは、クソでっかいミニ四駆セット。

付いてるプラモは当然長男が作るので、ダレ向けかイマイチ不透明な品ですが、そんなことより、

f:id:umetsubasa:20190504004856j:plain

次男のハートをわしづかみにした、「ポップコーンマシーン」。

この顔です。

この顔w

f:id:umetsubasa:20190507061332j:image

まるで打ち出の小づちを眺めているかのようw

至福の笑顔でボール1杯キレイに完食します。

f:id:umetsubasa:20190507061447j:image

「え~ポップコーンマシーン?(・Д・)」

と最初は私も思ったんだけど、コーンをちゃんと良いやつチョイスして、海塩かなんかをかければ、ヘルシーで話題性のある、子どもウケするおやつがお手軽に作れるわけですよ、しかもロープライスで!

これはいいですわ、ダンナのナイスチョイスプレゼント!

一家に一台ポップコーンマシーンだね、おススメ♡

 

このあとは、ばあばも連れて、とうふ屋うかいでお食事。

東京・八王子 とうふ料理「とうふ屋うかい 大和田店」

コース料理イッパツ目でごま豆腐が出て、本気で涙目になる長男。

「ねえ、頼んでないんだけど。これだけ?これだけなの?」

コース料理の意味を全く理解していない庶民な我が子があまりに面白すぎて、

「そうね、これだけかもね?」

とちょっと意地悪してみましたw

そんな長男をしり目に、長男の分までごま豆腐を完食する次男。

同じ腹から出してここまで違うのか~と、今さらながら思います。

まあ、長男は、ワクチン薬害からくる味覚過敏があったのかなともちょっと想像してますが。

 

次男5歳のスペックは。

身長・多分100センチくらい。

体重・多分16キロくらい。

テキトーですみません。身体的心配がないので、追跡する気が起きないんですわ(;´Д`)

ほんとーーに体調を壊さないので、助かっております。

この冬1度だけ、38度の熱を出しましたが、半日で下がりました。

その時サロンに入っていた予約が2件飛んだ時、子どもが体調壊さない前提のスケジュールがずっと当たり前で、そのありがたさに無感覚だったなあ、と気づいたわけですよ。ありがとう神様とかお子様とか(´;ω;`)

良く食べますが、食べた分はきちんと消化して身になっているようで、きゅっと締まった、巡りの良い体をしています。ブラウンファットは消え失せたわ。

でもこの人にとってはまだまだ、お肉とアブラは負担になるようなので、制限しています。

そうするとね、長男は肉食で、次男はあまり肉を食べさせない料理で、更に大人用と、ヘタすると3人3様の食事を作る日があったりして、こんなに作ってんのに私がなぜかジャンクになったりとかなんか理不尽な展開も…

でもここに配慮しての今の生活ペースがあるわけだから、ここは手を抜かないんだ~

 

気になるおっぱいですが。

絶賛フェードアウト中です。

本当に5歳で選手交代。

あんなにおっぱい星人だったから、これちゃんと卒乳できるのか?と不安だったんですけど、吸うのが毎日でなくなり、3日に1度になり、1週間あき、1ヵ月ぶりに吸い、と…。

考えてみれば、

「はいこの日からきっちりおしまい!」

て、なんて乱暴で大人勝手なのかしら、と思ってしまう。

おっぱいは今まで命の源だったんですよ、そんな急に今日から固形物だけにしなさいって、お腹だって対応できないですよね。

断乳」という考えを無意識に刷り込まれていたなあと、長男の時はコレをやったので、「ボクはあのときとても悲しかった」といまだに恨まれているのです。

そしていまだに寝る前のミルク1本を欠かさないっていうw次男はとっくに興味ないのに、うちのミルク缶購入は8歳のために続いているww

余計な事をしないで子どもの本能に任せていれば、腸が整うタイミングでちゃんと自分から卒業していくんですね。それが必要なくなれば。

逆にまだまだ足りないのに無理やりやめさせれば、抑圧になったり依存になったり、どこか体に不具合として出たりするんでしょう。

長男の時は私も初めての育児で経験不足でしたしね。仕方ない運命と思って受け入れろ長男w

 

5歳といえば、待ちに待った腸の節目です。

七五三という行事がありますが、これは死なずに無事にこの歳を迎えられたという、昔ながらの結構ガチなお祝い。

つまり、7歳と5歳と3歳に、腸の発達の節目がありますよ、ということ。

5歳にもなれば、腸もある程度育ってきているのでリーキーガットになりづらい、この歳まではアレルゲンの高い食べ物(小麦や乳など)は避けた方がトラブルになりづらいよ、ということらしいです。

実際長男は、5歳になるまで、ほんとーに食べない子だった。

5歳過ぎていきなり、幼稚園ママが作ったシフォンケーキを食べたときは、涙ながらに感動したものですわ。(今思うと、別に食べなくてもそこまで悩むことはなかったんだけどね…)

次男は長男と違って食べる子なので、逆に色々制限をかけています。

パンも、米粉ならいいんじゃないかと頭をよぎりましたが、一度解禁すると、出てきたパンが米粉由来だろうが小麦粉由来だろうが本人には関係がなく、これは良いけどこれは良くない、という事態になると無駄に混乱させてしまうので、食べさせないできました。

でもね、そこまで神経質にならなくても、味を知ってしまったからといって、「どうしてもそれが食べたい!!」という愚図りには一度も遭遇していないんです。

これはやめておこうね、これは半分だけにしておこうね、というと、きっちり半分残したりします。

自制が効くし、「おなかが満たされている子」は、そこに執着したりしないんだなあと思います。

 

今年のゴールデンウイークの大型連休で、長男はお姑さん宅に、次男は私の母宅に、それぞれ奉公に出しましたw

出す前は両家とも散々メールをやりとりしたものなのに、孫が到着したら一切音信不通w

親がなくともそれぞれに満喫しておられるようです。なんでもいいけどいつ帰ってくるんだお前ら( ゚д゚)

学校と幼稚園始まるまでには返してね?とババ共にメールしてみたら、お習い事ぶっちぎり日程でギリギリまで権利を主張されたわ~(*_*)

孫パワーって絶大!ババ共がめっちゃ若返っている!

孝行ができてようござんした。

私もやっとここで今までの苦労(どこでもおっぱいとかねw)が報われたというか、座るがままに食うは家康というか(意味不明)、8年ぶりに子どもがいない家を満喫しております。

あのね、子どもがいないと洗濯物が激減するのよ!衝撃!!

でも子どもがいないと、普段食べないスイーツをやたら解禁したりして体調下げたりね、あっという間に生活リズムが乱れたりね、子どもはいた方がいいやね、うん(._.)

 

普通、80歳近くの老人に子どもを預けると、「孫は可愛いけど体力が限界」に付き早々にご返品されるのがセオリーだと思うのですが、うちの子どもたちは愚図ることも無理を言うこともすることもないので、まるでペットのようにかわいがられます。

危ないこともしないので、老体で追いかけなくてもすむしね。

私も子ども2人連れてどこに預けるでもなく仕事も家事も学校も幼稚園もこなしておりますが、何も困ることも我慢することもありません。

邪のない子どもは、本当に周りを幸せにしてくれます。子ども本来の姿ですから。

 

世の中どうやら自己啓発的なものが全盛で、

「好きなことだけしよう!」

が大流行りですね。

ハッピーちゃんとか?

もちろんそれも良いと思うのですが、意味を取り違えるとただの「対症療法」に陥りがちなんじゃないかなと。

嫌なことを我慢しない!といくら宣言しても、「変わらない」現実は歴然としてある。

子どもが愚図るとか、イヤイヤとか、なにかしようとしてもすぐ病気したり、ヘタすると入院したり。

何を自由にしようとしても「子ども」という「負担」が重くのしかかる。

ああ女は損だ、どうしてもそう感じてしまう。

そういうことを見ないふりしてフタをしても、ことに対子どもに対しては問題が残ると思うんです。子どもはナマモノだからね。

我慢しないことを無理に我慢してやっても、自分のメンヘラを子どもに受け継がせちゃうだけ。

どんなに見方や考え方を変えても、「現実」を変えない限り、それは逃げだからね、追いかけてくる。

子育てをアウトソーシングしちゃう前に一度、腹を据えて、子どもの不快を取り除いてやることをやったらいいと思うんです。

まず子どもに体を冷やす格好を絶対にさせない、冷たいものを徹底して飲食させない、アイスクリームも氷入りのジュースも飲ませない、砂糖や小麦粉乳製品たっぷりの食生活を見直す、添加物だらけの市販のおやつを見直す、etc。

だいたい3週間~1か月くらい踏ん張れば、「邪」が抜けてきます。

そうやって子ども本来のポテンシャルを引き出してやるんです。

アレですよ?超オーガニックでマクロビな「アイスクリーム」とか、本末転倒ですからね?だったらコンビニで井村屋のアンマンの方がまだマシよ?

 

みんなが食べてるのに、食べたいモノ我慢させるなんてかわいそうと思いますか?

そりゃ最初は泣くでしょうけど、本当の優しさってなんでしょう?

冷たいものや砂糖や添加物は麻薬みたいなものですからね、ジャンキーが中毒で薬くれ~って言ってるのを与えないなんてかわいそう、って思います?

ジャンキーに際限なく薬を与える人が優しい人ですか?

可哀想だからって、じじばばならこっそり麻薬をあげても許されるんですか?

ジャンキーにどんどん薬与えてて、暴れて困るんですって言ってたら、そりゃお母さんから更生しなさいって思いますよね。

子どもを本来の姿に戻してやると、見える世界が全然違ってきます。

親にも子にも、本当の「我慢しなくてよい」境地が訪れます。

想像してみて、大好きな子どもといつでもどこでも一緒に、好きなことをして好きなことを創っていける世界。

撹乱している状態での「要求」は、本来満たされたい要求ではないのです。

本当の要求は、「身体の不快を取ってほしい」ことなのです。

そこをクリアして初めて、本当の子どもの声を聴くことができます。

不快を取り除いた後の彼らの欲求には、我が家はほぼ全て応えています。(ゲームテレビを除く( ゚д゚))

だからイヤイヤもないし、自己主張も満たされているから、落ち着いている。

大人しかったり駄菓子を与えなかったりしてると、よく、「我慢させてる」とか「抑圧している」とか言われますが(新しい学童の指導員に転任1発目で言われたw)、うちの子どもたちに抑圧がほぼないのは量子力学的にも確認済みです。

長男はちょっとあるかな、私もはじめての子育てだったし、学校とか関わる世界がまた違ってるからね。

撹乱してなければ、それも含めて自分の人生自分でどうするか、の判断ができますから。

親というバックアップに全面的信頼があれば、何かあっても「自分で解決してこい」で、送り出せる。

そもそも自制が効いていて危ないことや人を傷つけることなんてしないから、こちらも信頼からのスタートができる。

そして、こちらも親以前の人間としての生存権を主張できます。そもそも無体な要求はしてこないんだけどね。

アイスクリームをダメということと、あれしちゃダメだこれしちゃダメだあれしなさいこれしなさいと始終怒鳴り散らすのと、どっちが抑圧になるでしょうか。

長男同級生ママの、「10連休怒鳴りすぎて声が出ない…もう無理だから誰か遊んでやって〜」という魂の叫びLINEが辛すぎて( ;∀;)←弟君が大暴れ系で、リアルに包丁振り回すそうな…

 

子どもと一緒に人生を謳歌するのが、人間本来の姿なんじゃないかしら。

みんなが子どもと好きなことができたら、社会は間違いなく変わります。まず子どもが社会から隔離されなくなる。低年齢からの保育園も要らなくなる。

子育てにおいて我慢しなくてはならないということは、それは本来の姿を引き出していないということ。

子どもはお母さんを困らせようなんて思っていないんです。「何か」のおかげで、自制が効かなくなってるだけなんです。

「お母さんお仕事大変ですよね、うちのコンビニ飯でもカップめんでも利用してくださいね」

というのは、巧妙なプロパガンダで、お母さんを労わっているようで家族を犠牲にし経済奴隷にさせる、負のループにハメる罠です。

生物として本来優先するべきことはなにか。

そこに立ち返ると、本当の幸せも近くなるんじゃないかなあって思います。

 

思えばずいぶん長いことブログを続けております。

きわめてニッチな「西原式育児」という分野で、実践してみたいけど情報がなくてためらっている、という人に少しでも情報が提供できれば、という、下心何一つなく始めたこのブログ、アップの頻度は最低レベルですが(;´Д`)、「このブログのおかげでここまでこれました」と言って頂けることが、最近しばしば出てきました。

冥利に尽きます(´;ω;`)

ほとんどは自分のために書いているようなものですが、このブログのおかげで自分の考えもまとまるし、ここから広がった世界は私にとって、本当に無限で貴重です。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

とシメたところで、またまた新作youtubeですw

冷えが如何に体に影響するかを、ねちねちと語っておりますww

よろしかったらご笑納♡

https://youtu.be/mvlTpB4F1nc

 

出すとか、出さないとか。その2

どーも。

ど珍しくブログを連投しているおしげです♡

こいつぁ新春から景気がいいや~

←まず新春の出だしが旧暦ってかw

ただの、一回分のネタを分割する節約根性ww

 

出すとか出さないとか、その2。

ここからは陰謀論とか量子力学とかのかなりディープな話になります。

引き返すなら今です、今。

この先の読後は責任持ちません。いや今までも責任なんて取ってないですがw

 

私は、「そえる堂」

東京八王子の足つぼ・経筋施術サロン

というサロンをやっておりまして。

ふとしたキッカケから、あるホメオパスさんとお知り合いになり、私のサロン主催でホメオパシーの基本講座を開講する運びとなりました。

以前から、「中医学」という視点から見たらどうなんだろうと興味があり、学んでみたいなあと思っていたところに、あれよあれよと言う間にまるで見えない力にお膳立てされたように実現してしまいました。

最初は一人でどこかに通って勉強しようと思っていたのにね、まさか自分が主催することになるとは~

 

中医学の視点から」なんてカッコいいこと言いましたが、ウソです、懺悔しますw

私が興味を持ったのは、「ホメオパシーは水銀やアルミをデトックスできるらしい」という話を聞いたから。

 

水銀?

アルミ?

何言ってんの?

環境ガーとか吠えてるやつ?

 

と思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうが、実は大変に深刻な問題であり、これが「ワクチンを打ってはいけない」大きな理由なのです。

すべてのワクチンには、水銀やアルミ、ホルムアルデヒドなどが入っており、これが脳に溜まることによって、水俣病様の症状を引き起こします。

生まれたばかりの赤ん坊へのワクチン乱用が、昨今の世界中での発達障害児激増の真相なのです。

「支援の輪が広がった」とかウソ言っちゃいけませんw

 

例えばインフルエンザワクチンは、こういうことです。

f:id:umetsubasa:20190208032802j:plain

インフルエンザワクチンの仕組み



ワクチンとは、魔法の薬じゃないですよね。

では、どんな方法で「効かせている」と思いますか?

まず、インフルエンザならインフルエンザのウイルスそのものを、直接体に打ち込みます。

打ち込んでもそのままでは健康な体にウイルスが留まってくれませんから、体の免疫を「意図的に」下げます。

この「体の免疫を下げる」ために使われているのが、水銀やアルミなど、「アジュバンド」と呼ばれる成分です。

皮膚から取り入れた水銀やアルミは、お尻から出ていくことなく脳に溜まり、脳にウイルスが入るのをブロックする大変に重要な部門「血液脳関門」を破壊してしまうのです。

水俣病と全く同じです。

こうやってワクチンを接種した幼い子どもの脳には水銀が溜まり、血液関門の破壊によって脳みそがウイルスだらけになり、脳の発達を滞らせます。

子どもが高熱を出した後に成長するように見えるのは、この脳に溜まったウイルスなどが熱で一掃されるから、です。(八王子中央診療所・山田先生談)

体温40度ではガン細胞すら死滅するのですから、定期的な発熱はお炊き上げの絶好のチャンスなんですね。

ちなみに脳の血液関門は、3歳ごろまで開きっぱなしです。

早期離乳食などで消化できないばい菌が体中をめぐると、やはりこの血液関門から脳にばい菌が入り込み、発達を遅らせるイチ原因になり得ます。

 

特にインフルエンザワクチンは、打つと、ワクチンにより体に入れたウイルスが、呼気(吐く息)から放出され、周囲への感染源になります。

ワクチン接種者の呼気からは、未接種者の6倍のウイルスを放出しているという、きちんとしたデータがあります。

そしてそれは、飛沫感染などではなく、「ただ息をしているだけで」放出されます。

マスクうがい手洗いすべて、無駄ですね。

良かれと思ってインフルエンザワクチンを接種した人が、実はウイルスをばら撒く感染源になっている、という衝撃の事実がここにあります。

どうりで、国内でインフルエンザワクチン接種者が5000万人を超えていても、罹患者が増え続けるわけですね。

そしてさらに問題は、このワクチンは毎年毎年繰り返し打ち続けるということで、銀やアルミを脳に追加投入していること。

お年寄りに認知症が激増している要因でもあります。

昔はね、お年寄りは賢者になったものなんですけどね、今や認知症が当たり前。

これだけの人間の変化を、おかしいと思わない方がおかしい。

f:id:umetsubasa:20190207181112j:plain

週刊事実報道より



 

幼いころにワクチンを接種したり薬を乱用したりしていない人は、ものすごくポテンシャルが高い、と思います。(昔の日本人ですね)

須崎動物病院〜薬に頼らないで体質改善(原因療法・手作り食・サプリメント・電話相談・診療)〜

という、もう10年以上前から知ってる近所の動物病院があるのですが、ここの院長は体力も意欲も考え方の柔軟性もハンパないです。

何度か講習会にお邪魔したことがあるのですが、お母様の方針なのかご本人はワクチンを一本も打っていないらしいのです。(もちろん今も薬になんて頼ってない)

私はここの院長と同い年ですがワクチンは打っていますから(インフルエンザなんて小学校の時鉄砲注射で針回し打ちだったんだぜえ、今じゃ考えられねえズラ~)、この年代では貴重な存在だし、これが彼のあふれる体力の秘訣なんじゃないかなと、思います。直感ですが。

 

で、なんでこんな話をするかというと。

うちの長男は、常々脾臓が弱い?と感じていました。

一応中医学を勉強しているのでね、この人の症状は肺でなく脾臓だろうとアタリが付いているわけです。

同じように育てた次男は、少なくとも臓器には何も問題ないように思うので、両者の違いは薬剤としか考えられなくて。

次男は、検診のネタで「麻疹ワクチン」1本しか打っていないのに対し(それもどうなんだろうと思うんですがw)、長男は1歳になるまでの最低限の定期接種は受けています。

いくら西原で育てているとはいえ、打っている以上はうちの子だってもれなく水銀の害はあるだろうし、もしかしたら何をしても弱い脾臓の原因はここかしらと、ホメオパシーを知った時は、ここはしっかり向き合って「デトックス」してやろうかと思いまして。

中医学ではそういう方法はないので、そこはホメオパシーで補えるのではないかなと期待をしました。

 

ホメオパシーとは何ぞや?

現代医学をアロパシー(逆症療法)というのに対し、ホメオパシーは「同種療法」と訳されます。

例えば、現代医学では熱を出したら、熱を抑える薬剤を投与して熱を下げようとするのですが、ホメオパシーでは逆に熱を出すレメディ(薬のような役割のもの)を摂って、熱を出し切って治そうとします。

レメディとは、ある物質を極限まで薄めて振動を与えたものを小さな砂糖つぶに染み込ませたもので、どれだけ分析しても成分的には出てきません。

つまり、「量子力学」や、「波動医学」の範囲にあります。

レメディの対応範囲は幅広く、日常の発熱や咳の対応から、水銀やインフルエンザ、放射能までほぼ無限にあります。

 

ところで、ちょっとこちらのリンクをご覧ください。

ワクチンのデトックスで鼻からすごいものが・・・・。(片上敦子 40歳) | 日本ホメオパシーセンター練馬平和台

 

さあ、これ読んだら、子どものためとはいえさすがに勇気が出ないというか、レメディを摂る気なくしますよね?(´;ω;`)ウッ…

私もさすがに子どもへの使用はその気をなくしたのですが、自分ならまあ、良いかと思ってね、私も子どもの頃散々ワクチン打ってるしね?、モノは試しにと対応チンクチャーを服用してみました。

 

何も起きません。

 

普段の行いが良くてとっくに出て行ってくれてるのか、おばちゃんは水銀とのたれ死ねと言われているのかw

なーんだ、なんも起きないじゃん、じゃあ、次男だったら1種類しか打ってないし、見たところ何もワクチンの影響はないみたいだし、飲ませてみようかな~っと、やや油断した気持ちでチンクチャーをボトル水に溶かして飲ませ始めました。

前の日の夜に飲ませ始めて、次の日の午後3時ごろ。

出かけようとしたら、「痒い!!」と泣き崩れる次男。

なんだなんだどうした?と服をめくってみたら、

 

f:id:umetsubasa:20190206154248j:plain

 

きゃあああああああ!!

きっちり、胆経に出ております!!!

しかし5分、10分で消え、また場所を変えては出る、を繰り返す。

「気持ち悪い…!」と嘔吐2回。でもすぐ良くなる。

次の日は、顔がパンパン。

 

f:id:umetsubasa:20190206154315j:plain

f:id:umetsubasa:20190206154338j:plain

鼻が埋まってるw、目が埋まってるww

右が腫れたと思ったら消えて、すぐ左が腫れて。

3日くらい全身を大陸移動のように漂流した後この症状は消え、5日目くらいに5ccくらい赤い鼻血とどす黒い鼻血を出して、通常モードに戻りました。

その後1か月飲み続けてもこれ以上は何も出ないので、それがいいのかよくないのかわからないけどとりあえず飲むのは終了しました。

こういうのをじんましんというのか?子どもも私も出したことがなくて見たことがないからわからないんだけど、飲み続けながらも収まっていき、その後症状は二度と出ないから、アレルギー反応等ではないと思われます。

驚いたのは、経絡の正確さ。これほどきっちり経絡上に出るなんて!

胆経絡は、肝経絡と表裏で、肝臓は毒を出す臓器。確かに「なにがしか」をデトックスしたのでしょう。

 

これをやったあと次男の様子が何か変わったかと言われたら、元々落ち着いた子ではありましたが、さらに落ち着いたと思います。

つまりこれが、この人の平常運転だったのですね、今まで水銀と共生させてて申し訳なかったわ~~(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

しかし申し訳ないとは思うものの、長男に飲ませる勇気が出ない。

そこで長男は「量子医学」のプロにお願いしてみました。つまりオカルトです。そしてこの情報はこれ以上はシークレット案件です。

医薬添付文書を手に入れ、何が入っているか全部調べ上げて。

まああ、出てくるわ出てくるわ(´;ω;`)、全ての臓器がまんべんなくワクチンに攻撃されている。

特に脾臓脾臓を攻撃されていました。私の見立て通りだ。うれしくねぇ~~( ´Д`)y━・~~

もちろん脳みそに水銀ちゃんもきっちり棲んでおりましたことよ(´;ω;`)

施術してくださった人はワクチンのデトックスは初めてだったそうですが(こんなこと依頼してくる頭オカシイ人は私くらいだw)、思ったよりものすごく深く影響していたそうです。

ついでに次男も診てもらったのですが、こちらはホメオパシーで本当にデトックスされていたようで、残りは簡単に取れたそうです(つまり全部は取り切れていない)。

 

オカルトなのでね、マユツバと言われればそれまでですが、じゃあそのあとなんか変化あったの?というと。

次の日の夜、長男が突然言いました。

「ボクはね、今日から突然変わったんだよ。」

「へえ、何が変わったの?」(←プラシーボを避けるため、本人に詳細は一切知らせていない)

「あのね、走るのが急に、速くなった。」

「へえ~」

「あとね、………、部屋がきれいになった。」

もちろん、掃除なんてしていませんw

本人も自分の言葉の不自然さに、こないだボクが片付けたからねと後付けしていましたが、多分本人の頭から、わちゃっとしたものが整理されたのでしょう。見え方なんて個々の主観だから、親とはいえわからないもんね。

五臓をまんべんなくやられていたのを戻したのですが、気血が流れ始め活動が正常化し変化が目に見えるのは、細胞が入れ替わる数か月先ではあるでしょうけども、明らかに体調が根本的に底上げされた感があります。

まず肺の症状が落ち着きました。

肺は五臓の中では一番初めに症状を出し、治るのも肺から治っていきます。

 

これを今まで放っておいた、気づくタイミングは人ぞれぞれとはいえ、親としては申し訳ない気持ちにならざるを得ません。

無知は罪だと、改めて~( ノД`)

 

昔の人は、病気の理由が単純だったと思います。

f:id:umetsubasa:20190208033444j:plain

私がしばしば勧めているコウケントー(人工太陽光線)という健康機器には、分厚い症例本がありまして、まあ色んな病気をこれひとつで治している実例がてんこ盛り載っております。

しかし、今の人がコウケントーだけでこれほど病気が治るかというと、「病気になる要素」が多すぎて、そうそう簡単にすべてのダルマを落とせないのが現実だと思います。

f:id:umetsubasa:20190208033510j:plain

あのね、ペットは良く治るのよ、病気の原因が簡単だから。

犬猫は人間と同じようにワクチンしてるしフィラリア薬も飲んでるしフロントラインも垂らしてるしイマドキはストレスも多いだろうしフードは粗悪だしで、一概に言えないかもしれないけど、鳥とか魚とか医療の手が及びにくい生き物には、よく効きます。

f:id:umetsubasa:20190208033533j:plain

 

私が一連の体験を通して言えるのは、これこそを「デトックス」といい、してもよい、するべきデトックスだと思います。

だってここを超えないと、何をやってもこのキョーレツなラスボスは落とせないんですもの。

臓器をやられ、五臓が正常に動かず、虚(虚弱体質)に陥った人をサウナだよもぎ蒸しだとデトックスしたところで、ますます体力が奪われて病床が近くなる。

ワクチンに限らず、抗生剤やタミフルなども臓器を攻撃していると思います。

タミフルの添付書を読むと、副反応には「アレルギー、喘息、脾臓の損傷」と書かれています。

まさに、脾臓の損傷による喘息やアレルギーの発症です。

一生涯にこれだけのリスクを背負ってまで、今この瞬間の熱を下げるためだけにタミフルを服用する理由は、少なくとも私には思い当たりません。

例えば糖尿病の人なども殆どが脾臓をやられているそうで、この病気も子どもの頃の薬害が原因である疑いもあるのではないかと思ってます。

幼い頃に埋められた時限爆弾、これの発火がアレルギーや生活習慣病の発症につながってる、という可能性はないでしょうか?

子どもの頃からワクチンや不要な薬を避けている須崎動物病院の院長のポテンシャルが高いのは、至極当然のように感じます。

 

賛否両論あると思いますが、「私は」やって良かったと思っています。

ただし、私は曲がりなりにも中医学を学んでいるし、西原医学もそれなりに理解しているので、子どものコンディションを見抜いた上での、踏み出しです。

それでも長男については、ホメオパシーデトックスすることには勇気が出ませんでした。

「出すべきものの多い」子が同じことをやって、負担もうちの次男と同じかと言ったら、それはわかりません。

うちの子は好転反応が比較的軽く済んでますが、リンクした先のお子さんのような激しい反応は、もしかしたら子どもに負担かもしれません。

ただ、知らなかったとはいえ「やっちまった以上」は、何らかの落とし前をつけるのも親の役割のうちじゃないかな、と、私は 腹をくくりました。

その際は、「余計な感情を乗せずに淡々とやる」のがコツです。

親が余計な感情を乗せてしまうと、取れにくかったり余計にこじれたり、するそうです。

 

というわけで、今回は相当ディープなお話でした。

これが良いとか悪いとか、勧めたり討論したりというのではなく、あくまでも私イチ個人の「体験談」としてお読みいただければ幸いです。

さぁ〜、イヤ感満載の読後でしょw

私ウソはつけないんだよねww

ではでは、また次回〜👋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出すとか、出さないとか。その1

あけおめことよろおはこんばんちはでーす。

節分も過ぎたころにノコノコとどーもしんつれいします~

相変わらずの文句ぶつぶつブログですが、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げまする。

↓わるいごはいねが~、とカンチョーしてくる52歳。(鬼面・次男作)

f:id:umetsubasa:20190205031602j:plain

 

巷では風邪が大流行りでございますが、皆さま御無事でお過ごしでございましょうか。

インフルだとかインフルでないだとか、どこどこは学級閉鎖だっただの学年閉鎖だっただの、学校も幼稚園も毎日その話題でもちきりです。

うちの長男の学校はとても少人数なので、学級閉鎖=学年閉鎖になってしまうというw

どの学年も閉鎖はしてないようですが、うちのクラスはなにげ~にひとりずつインフルに罹っているようで、低空飛行ながらも開店続行中w

今のところ、6人中4人がすでに罹患済み。

すごい確率ですねえ。

なんでもインフルワクチン接種者は全国で5000万人以上いるとか。

こんなにみんなで「防いで」いるのに、なんでこんなに大流行りするんでしょうね~不思議ですね~(棒

 

うちは子どもたちはもちろん、親どもも無事です。

万が一インフル発症したとしても、仕組みは完全に理解しているので、「罹るうぬが悪いんじゃ、お炊き上げと思って罹り切れい!」で乗り切るつもりですw(有事に備えて一応対応レメディは準備している)

 

とはいえ、普通の風邪は引いてます。

次男がこないだ、人生3度目の発熱をしました。

出ても38度くらいで1日で引いたので、単純に寒さに負けたんでしょうな。

幼稚園は寒いし、家はサンタ贈呈の巨大昆虫に気を遣った温度設定(しかもエアコン)。

こりゃイカンと反省し、服装は上下ともダブル穿き、リビングのエアコンをストーブに変えました。おかげでカブトムシが腐らないように温度管理するのがめっちゃ大変です( ノД`)

(なぜストーブに変えたかは、こちらの動画をご覧ください。

「なぜこたつで寝ると風邪を引くのか?」 | 足つぼ・経筋施術そえる堂

私ったら最近、酔狂なことにYouTuberデビューしました(大笑)。

自分でこんなこと言っててうちでエアコン使ってたんじゃねえ…。)

 

イマドキの子どもでこの発熱回数は、とても少ない方だと思います。

イヤイヤなんかもそうですが、

「うちは熱をあまり出さない、イヤイヤもない」

というと必ず、

「熱を出して排毒した方がいい」

「うちなんか40度を〇回も出して大変で(なぜか自慢する)」

「熱を出した方が子どもは成長する」

「イヤイヤないなんて抑圧している!」

などと言ってくださる方に出会ったりします。

そりゃ「熱を出す体力もない」ようじゃ可哀想なのはもっともだし、抑圧されて言いたいことが言えないようじゃその育て方は反省した方がよいでしょうな。

だけどね、本当に子どもに必要な発熱って、元来このくらいだと思うんですよ。

ほとんどは、食べ物や生活習慣の間違いで、「ムダに」発熱している。

ムダに感染しているから、定期的なばい菌のお炊き上げ熱が必要になってくるんです。

熱なんか出さないで成長したほうが良いに決まっていると思うんですけどね、発熱前が感染で成長がおだやかだから、発熱後が脳みそのお炊き上げが進んで成長したように感じるだけで。

ついでにそこが間違っているから、ムダなイヤイヤに苦しんでいるんですな。

身体に不快が多ければ多いほど、自己肯定感も下がってくる。

ただ道を歩くだけで、突発行動を起こさない様に神経使って金切り声を上げられる方が、日常よっぽど抑圧されている。

子ども自身も脳が混乱していて要求がシンプルに伝えられないし、自分の要求そのものが自分でもよくわからなくなって、結果したくもない行動に走る。

イヤイヤなくシンプルに要求を伝えらえる、これが「自己主張」で、これには真摯に答えるべきと思うし、ここにしっかり答えられている子どもは、満たされ方が違います。

原因をちょっと取り除いてあげるだけで、辛い思いをしなくても無駄に親が恨まれなくても成長できるわけで、それをしない人の『子育てタイヘン自慢』は、私にはあまりピンとこないです。

幼稚園の懇談会は、そういうお母さんの悩み事を言い合い、共感し、慰め合う場だったりします。

もうね、そんなこと、食とワクチンやめるだけでほとんど全部解決なんですけど!

さめざめ泣いているお母さんを前に、こんな真面目な人たちをここまで苦しめるアレやらコレやらってなんなんだ~!

と歯がゆい思いをしながらも、これも個人の選択なので仕方ないですね。

 

世の中「デトックス」流行りで、どこもかしこも排毒排毒、排毒がお金になる時代です。

風呂屋さんのサウナに始まって、マッサージ、よもぎ蒸し、入浴剤、サプリメント、etc、etc…

夜中の通販番組から知らないおばちゃんに「するんと出た!」と連呼される異常事態…なんだなんだ何をどこから出したんだ頼むからいらんこと想像させないでくれおばちゃん!w

子どもの発熱も「排毒」と捉える向きがありますよね(結果的に排毒にはなるんだろうけど)。

やたら〇コを出させたり、大量に汗をかくと「毒が出た!」と喜んだり。

そんなに何が溜まっているんだかと思うんだけど、デトックス信者はある意味パラノイア的要素があって、とにかく見える形で「出す」ことに固執する。

結果ガリガリになって顔色土色になって明らかに体力奪われているのにも関わらず、まだまだ、「出したがる」。

デトックス信者は、痩せている拒食症の人にどれだけ説得しても「太っている」と思い込んでいるのと同じです。

実は、中医学では、世間の言う「デトックス」は、絶対にやってはいけない禁忌事項なんですよ。

便秘を薬で出すとか、下痢とか嘔吐とか、誤って毒を飲んじゃって吐かせるような、よっぽどな緊急事態でしかやってはいけない。

汗をかいてデトックス、なんて一見とても良いことのようですが、

大量に汗をかくことは、大量に出血することと同じ意味

なんです。

大量の汗と一緒に、大量の気も流れ出てしまうから。

私の友達で、軽い気持ちでデトックス~とよもぎ蒸しをやって、肺炎になってしまった人がいます。

それほどに、「気」は大事。

デトックスは、やっていい人といけない人がいる。

経皮毒」なんかもね、色んな方法で皮膚から出す試みがありますが、皮膚表面上に留まっている化学物質なら多少はアリだけども、皮膚にアトピーができているとか(たいていは肺と大腸の問題です)、子宮からシャンプーのにおいがするとか、そういう臓器の問題になったら、臓器にアプローチするのが、筋。

皮膚じゃない。

ごく一部は皮膚から出せるかもしれませんが、全部出だそうと思ってはいけない。

毒は、通常ルートに乗せて〇んこから出すのが一番です。

五臓六腑がきちんと働いている人、結果として〇んこから出せる人が、本当のデトックスができている人。

皮膚から出そうというのは短絡的であり、「好転反応」と言いながら実は別の病気を発症してしまうという、結果的に遠回りなことになりがちです。

もちろん入れるものが毒でないに越したことはないし、なるべく避けるのは体に余計な負担をかけないという意味ではとても重要です。

そりゃ、体に負担のかからないものを摂っている人とそうでない人とでは、ゴールにたどり着く距離が違いますからな。

 

ちなみに私、諸事情でうっかり毎月よもぎ蒸しをやるハメになってるんですがw、アレをやってもほとんど汗をかきません。

中医学はじめて、本当に汗をかかなくなりました。

じゃあ私に毒が溜まっているかというと、湿疹も吹き出物もとんと見ないので、世間一般に言う「毒」は、皮膚からは出していないようです。

余談ですが、青タンも作らなくなりましたね。

おっちょこちょいは変わらないのでw、体が変わったんでしょう。

青タンは打撲によっておこる毛細血管の損傷。

血管の強さ脆さも「腎」の管轄で、青タンができやすい人は腎が弱っている。多分骨も歯も弱いかも(同じ腎の管轄だから)。

お箸の持ち方が悪いと腎に負担をかけるそうです。

逆に言うと、腎が満ちてくるとお箸が自然と持てるようになるんでしょうね。

お箸なんて元来、日本人の多くの人が自然に持てる形が正しい形なわけで、スパルタや便利グッズで無理くり持たせるようなもんじゃない。

身体が整って(内臓が整って)初めて、持てるようになる。

長男の時は無知や見栄もあってw、エジソンなんとかとか持たせちゃってましたが、次男は無理に持たせず自然に任せています。

そうしたら、5歳を前に急に持てるようになり、今ではこんにゃくの佃煮なんかもお箸にぶっ刺すことなくちゃんと持てていて、この人私より上手だわとショックだったのでしたw←私持ち方ヘンw

本当に腸は5歳が一区切りのようです。

 

デトックスについてはまだまだ続きます。

以下次号!(初・引っ張りw)

 

 

笑い納めということで

年の瀬も押し迫ってまいりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
2018年は陰謀論的に大激動の年でしたが、来年はさらなる変革が起きる年になることでしょう。
明るい年になることを祈願して、今年の我が家の笑いごとをひとまとめにしてみました♡
大抵はフェイスブックで垂れ流している日常ではありますが、お付き合い願えれば( ̄∇ ̄)

さてさて。
今年も皆さまのお宅にサンタは来ましたでしょうか。
クリスマス当日にすでに来年のサンタの話をされるという、鬼も笑えない我が家のスパルタ兄弟でありますが。
今年の長男の無理難題は、なんと。

生体

だったんすよ( ;∀;)

f:id:umetsubasa:20181229094021j:plain

いやいや生き物キボンヌはルール違反でしょうって促したら、サンタへ提出したB案がもっと入手不可能なレアもので、仕方なく生体A案をアマゾンでポチる…。

何でも売ってんだよなアマゾンもよ。商売うめえ。

来ましたよ、24日夜までどうやってメンテして良いのかわからないジューシーな昆虫の赤ちゃんが(´・ω・`) 

もちろん大喜びなんですけどね、預かったサンタへの手紙を見つかっちゃいけないと隠し過ぎてどこに置いたか忘れちゃって、うる覚えヘラクレスオオカブトを注文したらどうやらご希望はネプチューンオオカブトだったらしくw(私に虫の違いはわからない)、やー来年の夏が楽しみだなあww

そこいくと次男のご要望はヨドバシの範囲内で済むのでラクで良い。

黒幕長男の意図が大いに反映されたプレゼントチョイスのようではありますが。

こちらは「冷蔵庫がもらえるほど溜まってる」ヨドバシポイントで十分対応可能だったのでダンナに手配をお願いしたら、メッセージカードが付いていまして。

いわく、

「ぱぱのおしりをいたくしないでね」

サンタの正体がバレるため、彼の希望の灯はカードとともに破棄。

そして先ほど大掃除をしていたら、「サンタさんへの質問状」を発見してしまった。

f:id:umetsubasa:20181231101942j:plain

「この幼虫は2年目でしょうか1年目でしょうか?」

やばい、わからん…。

つーか2年も寝てんのかよこいつ〜。

1年モノだったら忘れて腐りそうだ〜〜

そして見逃していた、

「まい年クリスマスをたのしみにしています」

の一言。

来年のサンタの話をされるよりスパルタだと思いました…

 

うちの長男もね、小学2年生。

絶賛「小学生男子」、肛門期真っただ中です。

たちの悪いことに、本来純真無垢なはずの次男4歳児がここに前倒し的に加わってしまったので、毎日放送禁止用語を大音量で聞かされさすがにうんざりしてます。

【以下閲覧注意:下品です】

車中にて。

長男おつー:「ゆーりのち◯ち◯、あっかーい!」

次男ゆーり:「なんでだろっ!なんでだろっ!」

長男おつー:「ゆーりのち◯ち◯、あっかーい!」

次男ゆーり:「なんでだろっ!なんでだろっ!」

長男おつー:「ゆーりのちん◯、まっかっかーー!」

次男ゆーり:「ひゃっほーーーー(≧∇≦)」

ヒトの身体的な…と言おうとして、言われている側の絶妙な合いの手を聞いていたら、

ま…っ、まいっか?(°_°)と…

さらに、ピアノを習っている長男が最近、自分で考えた曲をぽちぽちピアノで弾いて楽譜に起こせるようになったのですが、いかんせん自作歌詞のすべてが

「うんこちんこおっぱい」

これいつ終わるの?と毎日萎えてしょうがないのですが、考えてみれば我が家の52歳長男も肛門期が終わってなくて、さらにダンナ妹も75歳姑もそんな感じなので、もうほぼあきらめ気味ですわ。

ダンナも運命と思って、心置きなくおしりをいたくされ続けてくれ。

(次男のカンチョーは、パンツをめくって、ナマ尻にぶっ刺しますので)

健康な男子?であればいつか必ずやってくる肛門期。

今天使をお持ちの男子母様がた、覚悟してくださいまし♡

 

小学生男子といえば。

「アホ」だと思う、偏見のカタマリの私ですが。

これは、どうしてこうなったか本人に問い詰めても、どうしても口を割らない案件。

f:id:umetsubasa:20181229051959j:plain

 しかし、「小学生男子」「傘」で検索すれば、どうやら異次元な話題がスタンダード、この程度かわいいものと思ってあきらめることにした。

この事件以来、彼の傘はビニール傘にダウングレード。

男子にとって傘は消耗品らしいので(-"-)

 

朝起きたら、スリッパが片方なかった件。

f:id:umetsubasa:20181229093057j:plain

長男よ、スリッパを返したまえ(-"-)

ほんっと、自由だよなお前。

崩したら怒んのこれ?

 

「ママ、これ読んで~!」

と、次男が持ってきた本がコレ。

f:id:umetsubasa:20181229093724j:plain

色んな意味で読みたくないです…

 

次男様が幼稚園で作ってきた、「天狗パン」♡

f:id:umetsubasa:20181229094707j:plain

そそり立つ鼻の角度がたまらないww

天然酵母のパン屋さんを営むママ友のお母さんに再現を頼もうと思ったら、

「無理!」と反射で断られましたww

なんか、天然酵母って成形が難しいらしいでっす。

厄除けになりそうなので、玄関の壁に貼り付けてあります(≧∇≦)

 

4歳男子・次男のゆーりさん。

実は「面食い」疑惑アリ。

同じクラスのハーフの美人女の子・Rちゃんに入園早々チョッカイ出したりしてさ、最初から気に入ってたんだよな、やだね男子って。

Rちゃんとは今や大の仲良し。

Rちゃんの口からはゆーりの名前しか出ないほどだと親御さんからのご報告。

こないだ幼稚園でお餅つきがありまして、大きな園なので人も子どももたくさんわちゃわちゃしてる中、うちの子は迷子になってないかと探したら、しっかりRちゃんがゆーりと腕を組んでる。

f:id:umetsubasa:20181231102358j:plain

ゆーりも得意げというか、「オトコの顔」なんだよね。

付き合ってんの?ねえあんたたち付き合ってんの?!( ゚д゚)←おばちゃんはツッコミを入れたい…

運動会も一緒。

こーんな写真が撮れてまして。

 f:id:umetsubasa:20181231102502j:plain

Rちゃんのお父さんがこの写真に

「ん〜Rちゃん〜ちゅっちゅっ💕

………誰?💢」

ってなってたらしいw

ま、相手のお父様に気に入られるよう、日々精進してくれたまえ。

 

私は長男小学校の入学式で、無理やり着ている礼服のボタンがはちきれそうになっているのをハラハラしながら見守って以来の、校長先生ラブです♡

アラレちゃんの、のりまきせんべいさんに似ている。と私は思っている。

f:id:umetsubasa:20181229104608j:plain

せんべい先生は去年の学芸会でパンダの着ぐるみを着て登場してくれました♡

ですが分厚い脂肪も同時に着てるので、着ぐるみが暑すぎて「たれぱんだ」に変身。

先生なら涼し気にボディペイントパンダでもバレないんじゃないかと思います♡

さらに去年の長男クラス小芝居「おおきなかぶ 」では、クラスの人数が少なすぎて人手不足につき大きなかぶ役に。

大きなかぶ過ぎて、小学1年生には抜けない抜けないw

今年の小学校のお祭りで、我がPTAが初出店をしたのですが、そこにもパンダ校長登場の大サービス!

「す、すんません、後ろのチャック、上げてもらえません?」 ってパンダに言われ、「えっ!私っ?!」と萌えまくる私(//∇//)ドキドキ💕

ぱんちくりんで上がんないんだこれが♡
パンダと念願のツーショットを撮らせてもらいました💕💕
そしてやっぱり暑くてダレまくるパンダ。通気性がゼロらしいです。

f:id:umetsubasa:20181229110225j:plain
こんなに苦行なのに、なぜかどうしても「パンダ=校長」だとバレているのを認めたくない校長先生は、終わりの会で、他の先生にパンダを着せて(多分副校長先生)、ご自分は私服でご登場。
「パンダが痩せた!!」
と、児童からも保護者からも一斉に総ツッコミを食らったというww

ああこの着ぐるみを普段、どこに隠しているのかどうしても気になってしょうがない…校長室ガサ入れしてやろうか…

終わりの会では、1年生全員を前に並べて生徒会長がひとりひとりお祭りの感想を聞くんだけど、

「おまつりどうでした?」

「たのしかったです」

と15人中14人が答える中、最後の子だけ

「……よくわかんな〜い」

で、ちゃんと校長先生はパイプ椅子から転げ落ちてくれました♡

合格♡♡

 

 【我が小学校に笑いの神が降臨する】

PTAの仕事で学校の印刷室に行ったら、校長先生が、大きな体を丸めて印刷機を使ってらっしゃる。

「校長先生もちまちました仕事をなさるんですね」

と言ってみたら、

「校長なんて地味なもんなんすよ。」 と仰る。

「先日もね、 6年生の修学旅行についてったんですよ。

日光江戸村でね、子供達と座ってたら、江戸村の3人組が通りかかって、

『ややっ、おぬしどもはなんだ?!』

と言ってくるから、

『いや、私はこの子たちの引率です』

と言ったらね、人相書きを出してきて、

『似ておる、似ておるぞ』

って、手を縛られましてね、

写真なんかを撮られましてね、

後で担任の先生と、 『校長だって言ったらどうだったんでしょうね?』 と言っていたら、

帰りがけにもまたその3人組に会っちゃいまして、

『ややっ、おぬしはさっきの』

って言ってくるから、担任がすかさず、

『この人うちの校長なんです!』

って言ったんだけど、

『そんなの関係ないっ!!』

ってまた縛られそうになりましてね、

したら6年生の女の子が、たまたま黄門様の印籠をおみやげに買ってたもんですから、

『この紋所が目に入らぬか!』 ってやったら、

『はは〜〜っ!徳川の方とはつゆ知らず〜!』

って3人土下座。

そのまま土下座してるもんだから、こちらも

『おもてを上げい』

なんてね、 校長なんてこんなもんなんですよ」

どこに校長先生の不満ポイントがあったのかイマイチよくわかんなかったんだけど、

そのタイミングで印籠買ってた6年生女子、 アンタ出来過ぎでしょ。

 

長男クラスは6人しかいないんだけど(最近奇跡の転校生が入ってきた)、ママたちはみんな仲良しです。

特に、「子どもが畑で作ったサツマイモを一緒に料理して食べよう」という初企画があり、ママ有志で打ち合わせやってる間に結構なツッコミ話もできたりして、最近ますます良い感じ。

「好きな男性のタイプは?」

なんちゅーベタな話題で盛り上がる。

思うんだけどさ、ここの趣味がノーマルな人は、人生もわりと王道というか、常識人なんじゃないかと気づいた。

元保育士のかなりしっかりしたママは、

「私は普通よ、普通に若い男の子が好き。

○○とか、△△とか。(←まったく知らん単語)」

もう1人、元カメラマンの、「隠れ変人」とにらんでるママは、おじさんが好き。加山雄三の船が燃えた時はテレビ越しに共に涙したそうでw

「さー、沢田研二って知ってる?」

「知ってるー!ジュリーでしょー!私のおじさん好きはジュリーが入り口だったんだよね!」

ジェネレーションギャップは置いといて、ジュリーからおじさんに枝分かれするんだと結構な衝撃。

私は子どもの頃ジュリーが好きだったけど、そこから枝分かれした先は、ボーイジョージとか玉三郎とかでした。

人の数だけ見方はあるなあと、やっぱぶっちぎりヘンタイ度は私か?←私に影響を受けた10歳年下のいとこは、X japanで人の道を踏み外していた…

 

何気に黒歴史を暴露したところで、お後がよろしいようで。

また来年〜👋

 

追伸

私が営む足つぼ刺激サロンですが、年末にサロン名を

足つぼ・経筋施術  そえる堂

と変え、決意も新たに再スタートを切りました♡

「そえる」は、「So well」から来る造語で、来ていただける方々に全身全霊込めて「笑顔と楽しさと健康」を提供していきたい、そんな想いで名づけました。

それに伴いホームページも新規開設!

これからどんどん皆様のお役に立つ情報をブログアップしていきますので、是非覗いていってください♡♡

 

足つぼ・経筋施術  そえる堂

http://sowell-do.com/

 

 

 

 

子どもの成長

f:id:umetsubasa:20181014154954j:plain

おおお!いつの間にかブログアップの間隔が数か月も空いてる!👀

散々書いてるつもりなのはSNSだったかと反省…。書きかけ放置しているのも悪い( ´Д`)y━・~~

友人にブログは勢いと言われましたが、本当だわ。

そして書いた内容がブログだったかSNSだったかさっぱり忘れているので、同じことしつこく書いてたら、ああこの人もトシなのねと思ってスルーしてくだされ〜( ;∀;)ホントだし( ;∀;)( ;∀;)

 

 ☆次男坊スペック紹介☆

・年齢…4歳半(離乳食開始2歳1か月)

・身長…100センチ(長男は同じ月齢で97センチ)

・体重…15キロ(長男は同じ月齢で14キロ)

・靴のサイズ…15センチ、だったっけ?このテキトウ感が次男ならではw

 

ワタシ的にこの人にSEを付けるとしたら、

「どーーーーーん!」

なんですけどね(◎_◎)

良く食べる人なので、幼稚園でもデカイ方、というか筋肉質で実ががっしり詰まった体をしている。

だけど成長曲線をみるとそれほどでもないのよね。

そりゃ上を見ればきりがないだろうけどさ、どんだけみんな大きいんだか。

f:id:umetsubasa:20181014161512j:plain

 

↓ちなみに長男様の成長曲線。

底辺ギリギリ感ハンパなしwこちらの方が皆様の励みになるかとww(身もフタもない親ですんませんw)

 

f:id:umetsubasa:20181014161543j:plain

長男は小さかったので、大きい次男が逆に不安になったりもするんだけど(´Д`)

体調など非常に安定しているので、やっぱりこの人はおっぱいが足りたんだなあと思います。

離乳食開始2歳1か月と、長男よりずいぶん遅いですが(長男は1歳半)、長男の頃の教訓を生かし、おっぱい質向上に全力を注ぎ、さらにミルクをかじるという裏技も思いついたせいか、腸の完成が早かったと感じます。

腸の完成を待ってから離乳食を開始したので、さらに消化能力が育った。

離乳食開始して、食べ物でトラブったことがほとんどないです。

とはいえ、与える種類はまだまだ限定しています。

特に果物類は冷えがすぐわかる(30分おきにトイレに行くとか)ので、薬膳の本を開かなくても次男テスターにかけるとどんな効能のある食材か分かったりするw

無事なのはリンゴくらいですかね。赤いものは意外に悪くない。スイカとかイチゴとか(最もこれらは野菜ですが)

みかんは激烈に冷やします。

ここまでクリアだと、果物がどれだけ幼児に負担かよーくわかるんです。そもそも南国の食べ物だしねえ。

大人も果物を食べる健康法があるみたいですが、酵素が云々以前にこの冷えの影響で健康を損なうと思いますね。

果物食べるなら、ノンシュガーのドライフルーツが良いかな。レーズンとかは血を増やしてくれたりするし♡うちの子供たちのおやつにもよくレーズンが登場しますよん。食べてもおしっこ行かないから冷やさない食材みたいですよ。

 

先日次男幼稚園でも、運動会がありまして。

クラス別のブルーシートに座ってたら、クラスのママから、

「ゆーり君、予行演習で目立ってたよー!」(←私は予行演習は見に来れなかった)

「?なんで??」

 

「だって、これだけ人数いるのに、長袖長ズボンなのゆーり君だけだったもん!」

 

くわーーーーー!ソコかーーーーー!!

だーーから、運動会前に何度もしつこくお便りで、「運動会は半袖半ズボンです!」と書かれていたのか。

アレ、私に言ってたのかーーー爆💣💥

なんだよしつこいなちゃんと着せるよ、って当日は半袖半ズボン着せたのに(上の写真w)、予行演習もだったかーーーーww

でもさ、うちの子少なくとも体調は安定してるでしょ?

運動会前なんかみんな熱出して(多分季節的なもの)、1週間に1回しか幼稚園行けてないとかいっぱいいたじゃん、うちの子鼻水ひとつ滅多に出さんよ?

熱発だってこないだ人生2回目だったよ(38度くらいで一晩で終わったけど)。

だいたい、戦中戦後の小学生の平均体温は38度あったんですよ。環境食べ物全部現代のままで服装だけ昔を持ち出してもね、ソレ如何なものかと思うぞ?

1学期までは服装についてわりと担任の先生から電話を頂いたんだけど、ついにこの間ゆーりが、

「ママが靴下脱いじゃいけないって言うっていったら先生が、ママが言うんじゃ仕方ないね、って言ってた」

と。

勝利ww

連絡帳にも服装のことを正直に書いたらわかっていただけたみたいで、その後はアテンションありません。

こういうことは、お互いの信頼関係を築いてから言うと効果的ですね♡

私は薄着を否定しているのではなく、ちゃんと身体ができてくれば、薄着をしてもよいと思うのです。鍛えるのはそこから。

薄着で身体は作られません。そこんとこ世間は誤解してると思う。特に幼児教育機関

長男幼稚園は、寒かろうが雪だろうがガチ外でしたけど、年少の頃はがっつり着込んでましたが、年長になると、朝どんなに着せても帰ってくるときはランニングだった。

それでリュック背負ってたから、リアル山下清ですよ。よく「キヨシ」と呼ばれてたなー。

昔の人は身体が作られていたから、薄着で良かったの。

そりゃ、水汲むんだって運動量が違うんだもん、当たり前です。食べ物だって冷やすようなもん食べてないし。

同じ条件まで上がって初めて、脱いでよいと思うんだな。

 

別件だけど、よく、幼児で服を着るのを嫌がる子がいるじゃないですか。

あれは、暑い、というより、皮膚の違和感じゃないかなーと最近思ってます。

アトピーの一歩前くらいなやつ。

肌は大腸の状態を表すから、結局冷えが原因だと思うんで、着せないと根本解決にはならないので、めっちゃ高級な絹とかウールとか、どこにもゴムとかタグとかついてないやつだったら着てくれないかしら?

お金にヨユーのあるだれか、実験して〜w

 

次男幼稚園も、運動会にはとても力を入れています。

力を入れると言っても、お遊戯が上手く出来るとか、だれがプラカード持って行進するとかそんな大人の「成果の発表」に付き合わされるような運動会じゃなくて、子ども主体の、子どもひとりひとりが自己を承認するための、運動会。

とび箱も、4段飛べたあの子と比べるんじゃなく、今日3段飛べたボクを、仲間みんなで称え合う。

「出来る自分を見せるのか、挑戦する自分を見せるのか」とあえて先生が突き付け、子供が納得いくまで付き合う。

それを、先生も仲間も保護者も、見守る。

いやーほんとうに「日本一めんどくさい幼稚園」ですよ。

子どもは、自分が決めたことは最後までちゃんと責任を持ってやり遂げます。

大人が子どもの、自分で決める権利を認める、これができそうでとても難しい。

自分で決める権利を持たなかった子どもは、辞める決断もできない。自分で決めてないから、覚悟がない。

つまんなくても降りたくてもズルズルなんとなーく過ごしてしまう…って耳が痛いわ( ;∀;)

承認もね、大人じゃなく仲間同士で承認することがとても大事。

なるほど〜、親や先生に承認してもらおうと思ってるから、一生そこを追いかけて病んでいくのねー。

仲間がお互いに認め合う、できない自分にも自信を持つ。現在地を認める。

大人になってもできてないことばっかりですな。

 

運動会も終わる時期になると、今度は子どもたち同士関わりを保つことができるようになってきます。

2学期に入ってから、担任の先生にやたらと、

「ゆーり君が自分を出せるようになってきた」と言われるようになりました。

は?家じゃ出しまくりだし、お兄ちゃんとはガチ喧嘩してるし、あいつ幼稚園じゃ猫かぶってんの?バカなの?くらいに思ってたんだけど。

これがとても重要な話だったらしく。

ああしたい!こうしたい!とぎゃーぎゃー騒ぐA君と、みんなのお世話役で頼られ役で、ああしてこうして言われたらすぐに譲るBちゃん、大人の視点から見たら、Bちゃんの方が好ましい。

だけど本当にそうかな?

A君はBちゃんが大好き。

なんで好きなの?と聞いたら、

「Bちゃんは怒らないから」。

はて?Bちゃんは本当に怒らないのか?怒ることを我慢してないか?

もっと言えば、「怒らない自分」が好ましく思われることを知ってて、そんな自分を演じていないか?

女の子に特に多くて、我慢して誤魔化しているうちに、小学校高学年くらいで爆発する子が多いんだそうです。(はーい思い当たる人挙手🙋‍♀️)

Bちゃんが自分を出せるようにするためには、どうしたらいいだろう?保護者も一丸となって取り組みます。

ーーという園のクラス委員をやっておるのです〜難しいよう〜( ;∀;)

 

集団を信用するということ、これがコミュニケーションの第一歩になる。

かといってね、じゃあぎゃーぎゃー言ってる子が自分を出して言っているかと突っ込んでみると、ただワガママ言ってるだけで自分を出しているわけでもない?疑惑。

これ、「イヤイヤって何かわからない」「西原やってるのにイヤイヤあるじゃん」とか言ってる話にとってもわかりやすい例だなあと思って、書いてみました。

自分を出すことって、とても大事。

イヤなものはイヤ、自信を持って伝えられること、それは相手を信頼し、自分を信頼していなければできないことです。

西原っ子は邪がなくてとてもクリアだから、はっきりと主張ができます。

これが時に「イヤイヤあるじゃん」と誤解される。

しかしこれは明らかに、その子の成長に必要なステップであり、喜ばしいことですらあります。

それを受け止められないのは、親側のコミュニケーションスキルの問題なんです。

特に「〜しさえすれば結果が得られる」と思うマニュアル世代が陥る罠だと思う。

自尊心は、簡単に下がります。

特に体調が優れなければ。大人だってそうですよね。

そして、自尊心が低ければ自分の属する集団を腹の底から信用するのは難しく、結果コミュニケーションスキルが磨かれない。

自分の要求がクリアになっていれば、はっきりと自己の主張ができると思うんです。

それは「自己」の主張であり、成長の第一歩であり、そこに耳を傾けるのは大人の責務です。

西原式育児で、Bちゃんのような「大人に都合の良い子に育つ」わけでは、ないのですよ。

クリアに育った子供を生かすも殺すも、親次第。

子どもの足を引っ張らないように精進したいものです。

 

ついでながら、私の教育方針について。

私は長男小学校でPTA副をやってますが、別にボランティア精神なわけでも、自己承認を求めてやってるわけでもありません。承認方法なんてほかにたくさん持ってるもーん。

純粋に我が子のために、きっちり対価を得るつもりでやってます。

うちのクラスはたった6人ですが(先日なんと奇跡の転校生が入ってきて、1人増えた!)、少人数とはいえクラスに問題がないわけではありません。

A君はとても真面目な性格で、なんでも気になってしまう男の子。

ちょっと多動気味なB君がうるさくてうるさくて、勉強に集中できません。

加えてB君とC君は使う言葉がとても悪く、それが彼の気持ちを沈めてしまいます。

「学校に行きたくない」と毎日泣くようになってしまいました。

という話をA君のお母さんから聞いて。

「おつー。A君こうなんだって。どうしたらいいかな?」

「ふーん」

私は、「どうしたらいい?」と投げただけですが、彼なりに考えてクラスで道徳の授業という名のミーティングを提案、お互いの気持ちを言い合ったみたいです。

しかしそんなことで変わらないのが多動B君、すると息子は今度は席替えを提案。

「今日ね、席替えしたんだよ!」

ってその人数でなんか変わるんかい!ってツッコミ入れちゃったんですが、とりあえずA君は少し収まったみたい。

でもB君が多動だったり、死にたいもう嫌だと騒ぐのは変わらない。

「おつーはクラスをどんなクラスにしたい?」

「楽しいクラスにしたい!」

「それをね、ビジョンって言うんだよ。楽しいクラスにするにはどうしたらいいかな?B君はどうやったら楽しくなれるかな。」

「うーん、難しいね、B君は勉強が嫌いだからね、あ、でも図工は好きなんだよ」

「みんなが楽しくなってる絵を描いてみたらどうだろう、そしたらみんなが楽しい気持ちってこんな感じってわかるよね」

「うん、そうだね、描いてみるよ」

「ママはPTAやってるじゃん、なんでやってるか知ってる?」

「知ってるよ!学校を楽しくするためにやってるんだよね!

そうか!ちょっと遠いけど、ママは学校を楽しくするためにやっていて、ボクの仕事はクラスを楽しくすることなんだね!」

「そうそう、そういうこと」(ハイタッチ🤚)

 

ほんっとーに放置親なんですが(宿題すらほとんど見ない(^_^;))、私が唯一やってるのは、毎朝学校へ行く時に必ずハグして、

「今日も一日楽しんでおいで」

と声をかけること、です。

実際は色々あると思います。子どもとはいえひとりの人間の人生なんだから。

でも、毎朝「楽しむ」を無意識にインプットすることで、出来事ひとつひとつにフォーカスして囚われるのでなく、自分は人生を楽しむために生まれてきたんだ、と俯瞰で捉えることができる。

そして、自分の責任で、自分の環境を変えていく、整えていく。

そこを教えるために、私はPTAをやっています。

楽しめと口先で言うことは簡単ですけどね、子は親の背中を見て育つ、行動で示さなければ説得力はないでしょう。

親が、自分が楽しめないことをあれのせいだこれのせいだと被害者ヅラしていたら、子どももそういう人生を歩む。

この先どんな環境に出会うかわからない。

どんな環境でも人生を楽しく生き抜く力、それを自立というんだと思うんです。

自分の足で歩んでいる人は誰もいじめる必要はないし、誰からもいじめられないし、いじめられても屁でもないかいじめそのものに気づかない。

つまり、私なりの究極の「いじめ対策」なんです。

ね、きっちり対価でしょw

友達と同じ服装とか同じゲームとか、しないといじめられるとか、馬鹿馬鹿しい、同じゲームやってたっていじめられる子はいじめられるのよ。だって「被害者」意識なんだから、自ら被害を呼び込んでいるんだから。

私は、教育方にこだわるのは幼稚園までで、あとはいろんな人と出会いながらこうやって実践で学んでいくものだと思ってます。

多分これが、今はなくなった長男幼稚園園長の、伝えたかったことなんじゃないかなって。

とはいえ、あんまり人数が多いとオーバーフローするからね(子どもですから)、そこは選びましたけどw

 

そんな気持ちが伝わったのか、今度は先生から、1、2年生の子どもたちが育てて掘ったサツマイモで、パーティをしてもらえないかと提案されました。

やりますよもちろん!と保護者有志に声をかけたら、みんなノリノリ♡

みんなで子どもたちとスイートポテト作って食べるのだ〜(≧∇≦)

学校へ関わっていくことって、プライスレスな価値だと思うよー!

子どものいる今しかないじゃん!

おススメよー♡

楽しさと健康の悩ましい選択

こんにちは♪( ´▽`)
ここんとこ少しだけマジメにブログを書いてみるおしげでございまする。(といってもひと月は開くレベルの低さw)
このブログもだらだらと気まぐれに垂れ流して早7年、この年に1年足すと私の育児期間とイコールになります。
「継続は力なり」と申しますが、こんな駄文でも楽しみにしていてくださる方がいらっしゃるようで、本当に冥利に尽きます。゚(゚´ω`゚)゚。

先日、私の育児歴史上、大変大きな変革がございまして。

f:id:umetsubasa:20180824130131j:image
見て見て!
「穴」が開いてないのっ!!(≧∇≦)
次男4歳3ヶ月にして、とうとう、昼間の授乳服を卒業したのです~!!
入眠時にちょちょっと吸うものの、昼間はよっぽど心が折れた事態に陥らなければ、おっぱいを必要とすることもなくなってきたので、もういいんじゃないかと恐る恐る…
服が変わったことが、本人に「そろそろ」を「知らせた」面もあったかな。
おっぱい吸ってるときは、コレ本人任せで本当に終わりって来るのか?と不安になったものですが、極めて自然にフェードアウトしているようです。
このままいけば、長男と同じ4歳半で、自然卒乳できるかもしれない。
次男は長男のときと違っていろいろおっぱいに気を遣ったせいか、必要量が足りたんだなあ、と感じます。
長男のときは、4歳半で無理くり卒乳「させた」。
彼は今でも根に持っていて、僕はもっと飲みたかったんだ、と時々グチります。はあすんませんねどうも(◞‸◟)
しかも、「ゆーりはいつまでおっぱい飲むの?僕と同じ4歳半でしょ?」
と、弟を道連れにしようとする。
長男の名言。
「僕ね~、おっぱいの味忘れちゃった~。
ミルクも味も忘れちゃったよ。
ミルクの味を思い出そうとするとね、豆乳の味になっちゃうんだ~」
なるほど、そこ、同じフォルダなんだ👀

思い起こせば8年着倒した授乳服、ノーマル服を最後に着たのは今より8年も若い私なのですよ。
ワードロープ開けたら、まあ見事に着れる服がひとつもないっ!!( ゚д゚)
授乳中という免罪符に隠れて、なにひとつアンテナを張って来なかったので何を着ていいかも全くわからず、近くのおばちゃん洋品店でテンパって買ったのが上の画像で。
あかん。これはあかん( ゚д゚)
巷には、一緒に買い物についてきてくれて、「見せたい自分」について相談に乗ってくれる素敵なアドバイザーさんなんかもいらっしゃるようで、ひと段落したら頼んでみようかと思っております~。
なんかゼイタクな気もするけど、あれこれ買って失敗するよりはプロの手を借りたほうが、早くて安くて確実な気がする。
自分を客観的に素敵に見せるというのはとても大事ですもんね。←その辺能力最底辺w
今狙ってる人~↓

https://ameblo.jp/kotoamano/entry-12250226952.html

 

さてさて、毎日お暑うございますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
暑いというより電子レンジで蒸されているような、温度はやたら高いのにそれほど日焼けはしないっていうね。
地球の自転に逆らうような、「自然発生ではとても有り得ない」台風が闊歩する今年の夏、汗疹に悩まれたお子さんも多かったことでしょう。
汗疹とはなんぞや、本日のテーマですな。

汗疹について、我が戦友のインユーライター・河口あすか嬢が、秀逸な記事を書いていますので、まずは予備知識としてリンク。

http://macrobiotic-daisuki.jp/asemo-134679.html


今年の春から次男が幼稚園に通っておりますが、ほぼほぼ満足な幼稚園です。
子供の自立を目標に、親も関わりを持ちながら一緒に育ちあい、つながりを持ち合って、楽しく過ごしております。
どのような保育かというと、たとえばちょっと前、うちの次男が投げたボールが女の子(美人)の顔に当たって泣かせちゃって、そうしたら、クラス全員でミーティングをもち、この件について皆で話し合ったそうです。
ちゃんと意見を言い合い、どうしたらよいか、自分だったらどうするか、ディスカッションをするんです。年少さんだよ?
結果、うちの次男とその女の子(美人)は、誰よりも仲良くなったという。
これ、うっかり親や大人が介入すると、自分で解決するきっかけを失い、その後の人生で自分での問題解決のスキルに支障が生じるそうです。初動が大事。
過保護ってそういう意味なのね。怖いなあ。
子供の自立を目指すためのハイライト、年長さんのお泊り保育は、御岳山に2泊3日!
園児ひとりひとりの最大限にオーダーメイドするので、子供によっては1泊になったり、お忍びで近くの山小屋に親が泊り込んだり。そこまでするか~( ゚д゚)
その他お母さんたちのサークル活動やPTAなども盛んで、「ひょっとして、敷地内に住んでない?」て思うくらい常に見かけるママも結構な割合でいたりしますが、でも活動自体決して「押し付け」ではないんですよね。
私はそこまで入り浸ってはいませんが、和太鼓のサークルには入りたいんだよね~。スッキリしそうだあ(≧∇≦)しかしこれ以上なんかやると確実に自分の首が回らなくなる(ー ー;)

そうだ、かまどサークルが出してきた「米粉カレー」のレシピが優秀だったので、ご紹介しよう!

米粉カレーレシピ
 ・にんにく、しょうが
 ・とりひき肉
 ・カレー粉(コープのカレー粉が辛さ控えめで良いそうな)
 ・めんつゆ
 ・野菜適当(じゃがいもとかにんじんとか)
 ・米粉
①多めの油で、にんにく、しょうが、カレー粉を炒める。(カレー粉を炒めるのがミソだそうな)
②ひき肉を加えて炒める。
③野菜を加えて炒める。
④ひたひたの水を加えて煮る。
⑤めんつゆを、少し濃いくらいの味になるくらいに入れる。
米粉を水で溶いて入れて、完成。

これがですね、ルーなしでかなり「ホンモノw」に近い味が再現できるんです。
カレー粉とめんつゆのバランスがミソかな。
あまりカレー粉が少ないと、カレー味の和風煮物になっちゃうし、多いと「辛い」とクレームが出ます。
幼稚園の調理実習やお泊り、給食など、育ってくるとどうしても「カレー期」は訪れてくるので、味を覚えてきます。
バーモンドカレーは日本人の国民食、ルーに疑問を持つ向きはほとんどありません。
かといって頑なに拒否するのも、子供にとってはとても楽しい調理実習、親の都合で禍根を残すのが得策とも思えません。
そこまでにはなんとか耐えうるまで内臓を育てて、さらにおうちではこういうので気をそらせると良いですね~。
私はちなみに、親子親睦でカレー作り企画になったとき、クラス委員の権限で、ルーカレーでなく上記の米粉カレーに誘導しましたw
環境を嘆くより自分で変えていくのが早いですわ(≧∇≦)


楽しさと健康の悩ましい選択。
同じことが、プールなんかにも言えて。
夏になるとどうしても関わるのが、プール。
子供は水が好きですしね、学校や幼稚園でプールがあるのは、なかなか避けられないことです。
そりゃ楽しいし、教育的効果があるのも認めます。
しかしプールで冷えるのは、我々西原っ子にはご法度なんです( ;∀;)
長男の小学校のプールなんか、去年、工事が遅れたとかでめっちゃ焦ってて、「少しくらい寒くても」「水入れたばっかりでも」プール開きを強行した結果、アナフィキラシーが続出したという。
それでもカリキュラムなので、プール学習をやめることはない、というのが学校というシステム。(というか関係性について気づいていないだけだろうけど)
それに比べたら幼稚園は、「子供の五感を最大限に発達させる」という教育的観点から水遊びを常時できる環境を整えて下さっていて、それはそれでとても良いことでありがたいことだと思います。
しかし水浴びした後のお部屋は、クーラーガンガンなんだよね~(ー ー;)水浴びの後お風呂に入れてくれれば少しは良いのかもだけど…。
そこいくと長男のバス幼稚園は、水遊びしても着替えも公園だから、水遊び後の体がお部屋のクーラーで冷えるということはなかった。
外は異常な炎天下で、「暑さ」を極端に警戒する保育の現場では、クーラーを効かせるのも仕方のないことかもしれないのですが、お陰で次男の体には冷えが溜まっていってしまったのでした。

はいここで、やっと汗疹の話に戻る。

汗疹の原因の大半は、実は汗ではありません。
冷えです。
汗をかいても、汗疹にならない子はならないです。
お友達の子の双子ちゃんが西原式育児をしているので、気が触れているんじゃないかと思わせるくらいの厚着ですが、汗だらっだらでも汗疹にはなりません。

f:id:umetsubasa:20180828211923j:image

↑外気温38度の中、長袖足付きカバーオール、ノースリーブロンパース、腹巻、シルク靴下&レッグウォーマー、西原育児の王道の服装ですw←ちなみに室温は常に27〜28℃をキープだそうです。

クーラーの利いた部屋の床を、手足丸出し薄着で転がっている赤ちゃんの方が汗疹や湿疹で悩んでいたりするし、始終グズグズと泣いていたりします。
冷気は部屋の下方に溜まるうえ、人体は、主に熱を感じる「陽経」が全て顔に集まっているので、体の上部で暑さを感じやすく、足元が冷えているのに気がつかないんですよね。
大人の「顔」で感じる温度に調整された部屋では、大人の足元で過ごす赤ちゃんが大人と同じ環境でいないことを考慮しないと、赤ちゃんや子供がどんどん冷えていっているのに気がつかない、という事態に陥りやすくなるのです。
結果、大人の感覚では見てるだけで倒れそうなくらい厚着の西原双子の方が、体が温かいのでいつでもご機嫌で滅多に泣くことはなく、もちろん汗疹にもならないという話になります。

汗疹が冷えだと確信したのは、去年の今頃。
去年の私は、ノロウイルスにやられ、子供ふたりにも移って、人生で貴重なひと夏を棒に振りました。
治りたてのころに、ばあばと大きいプールへ行く約束をしていて、このタイミングで、特に次男にはまだまだ早いなあとは思ったものの、ばあばや長男など色々説得するのが面倒くさかったのと、ひと夏を棒に振らせた申し訳なさでつい、二人とも連れてプールへ行ってしまいました。
わりと暑い日だったにも関わらず長男の唇が真っ青になり、あれ?これって良かったんだっけ?と頭の中をアラームがリフレイン、案の定、それまでどれほど厚着しても汗をかいてもなんともなかった次男の肌に、いっせいに汗疹が!!
しまったやっちまったーーー!!!(>人<;)
しかも経絡沿いにきっちり湿疹がこんにちは( ・∇・)、これは腹に冷えが入ったに間違いないと~。
この子の汗疹の原因は冷え!
温かくして内臓を正常に動かし、汗腺からきちんと汗をかいて毛穴から出していれば、ブツブツできる必要はないのです~。

そして、一度腹に入ったらなかなか出ていかない嫌われ者が、冷えというヤツ💢

緑便の治りにくさが物語ってますよね。

今年はどうかなーとビクビクしてたんですが、幼稚園でのプールの冷えも溜まって、やはり無事ではすみませんでした(>人<;)

しかし腹巻きをしてやると、2日ほどで痒みが収まるんですよ。

幼稚園に腹巻きしていったりすれば当然取られるし、なんなら電話までかかってきちゃうんですが(それでなくても長袖長ズボン着用で幾度となく電話がかかってきている♡)、着けていないのを忘れていると途端に「かゆーーい!」。

ほらねやっぱりそうなんじゃん!!( ゚д゚)

だいたいが、強冷房の中にいて走り回ったり、冷房の部屋から炎天下に出たりすると痒がります。

近年どの環境でも冷暖房完備で我々大人は鈍感になってる風ですが、子供にしてみれば、北極から赤道直下に瞬間移動したようなもんです。

内臓も皮膚も未発達な子供が、そんな急な温度変化に耐えられますかっての。

北極と赤道直下、どっちの服装に合わせるか、って話だ。

ちなみに汗腺の発達は4歳まで。

いっぱい汗をかいて汗腺作って、自分の体に冷暖房を完備させてあげた方が、その後の人生サバイバルしていけるんじゃないかえ?

 

もっと言えば、熱中症の原因も冷えです。

体が冷えてなければ、人間そうそう滅多に振り切れたりしません。

それが証拠に、どんだけ暑くても外遊びだった長男の幼稚園で、熱中症で倒れた子はひとりもいなかったのですよ。(よその幼稚園は熱中症を恐れて公園に来ないので、夏は広々と使えて良かったw)

冷暖房完備の中で汗腺という自己調節手段を装備出来ず、暑い暑いと普段からアイスやかき氷三昧でお腹を極限まで冷やした人が温度の高いところに出て、温度差に耐えきれなくなってオーバーヒートするの。

だから熱中症は室内でも起こりうるんですね。

経口補水液?臭い匂いは元から断たないとダメ〜!

次男が暑苦しい服装で汗だくで駆け回っても、水分補給量は薄着の子の方が格段に多い。 

次男を見てると、「無理に水分摂らせるのが根本解決じゃないな」って思います。

どこへいっても口酸っぱく水分摂れ〜水分摂れ〜言われるんで、長男の頃から肩身が狭かったりするんですが、飲まんもんは飲まんしよ( ゚д゚)

汗かかせてると可哀想ってめっちゃ言われるしw

そして次男には、常温の水を出しても「冷たい!」とリジェクトされますww

砂漠の民は、熱い紅茶を一口だけ含むそうですよ。

昔ながらの知恵は、暑さ対策には冷たさも量も必要ないと、教えてくれてるんじゃないかなあ。

実際その方が体調良いし。痒くなんないしー( ゚д゚)

 

次男様もおかげさまで、この子の速度で順調に育っております。

好きなことは好き、嫌いなことは嫌い、とはっきりしていて、子供らしい成長を遂げてますが、やはりとても落ち着いているね、と言われます。

相変わらずの風紀委員な性格ですが、それだけ他者に関心を向けられるということだと思っておこうw

兄ちゃんと一緒だと、遊びに暴走しちゃうんだけどねー(ー ー;)これは仕方ないかな…

次男が4歳になったころに描いた、家族の絵。

f:id:umetsubasa:20180824130421j:image
家族全員にカブトムシクワガタまで(うち今、飼い虫5匹いますねん(ー ー;))。
この人は長男のように立体に描くということはないのですが、こういうほんわりとしたものを描いてくれる人で、こういうところを伸ばしてあげたいなあと思います。
ちなみに長男が家族の絵を描くと、こうなる。
画伯7歳のころの作品↓
f:id:umetsubasa:20180824130305j:image
「あのな、似顔絵ってのはな、実際の少しナナメ上を狙うんだよ💢」
と思わず説教してしまいましたとさ。

ではまた〜。

アデュー💋

 

よろしかったら、

足つぼサロン「あしうらん」

よろしくでーす(≧∇≦)

色々マニアックに精進し続けておりますですよ

https://goo.gl/FLjFEV